「乳酸菌」の版間の差分

MiyatsukoKa (会話) による ID:80515022 の版を取り消し
タグ: 差し戻し済み
(MiyatsukoKa (会話) による ID:80515022 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
 
[[ラクトバシラス属]]は、[[フィルミクテス門]][[バシラス綱]][[ラクトバシラス目]][[ラクトバシラス科]]に属する[[グラム陽性]]の桿菌であり[[ラクトバチルス]]とも呼ばれる。一般に「乳酸桿菌」と呼ぶ場合狭義にはこの属をさす場合が多い。種によって乳酸のみを産生([[ホモ乳酸発酵]])するものと、乳酸以外のものを同時に産生([[ヘテロ乳酸発酵]])するものがある。''L. delbrueckii''、''L. acidophilus''、''[[:en:Lactobacillus casei|L. casei]]''など。
 
ラクトバシラス属(''{{Sname||Lactobacillus}}'')は野外から容易に分離され、ヨーグルトの製造に古くから用いられてきた。[[w:Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus|ラクトバチルス・ブルガリクス]]、[[ガセリ菌|ラクトバチルス・ガセリ]]、[[w:Lactobacillus acidophilus|ラクトバチルス・アシドフィラス]]など多くのラクトバシラス属に属する種がヨーグルト製造に利用されている。結合しないと言われる[[HJ1]]株(Lactobacillus plantarum HJ1)菌体の免疫賦活能力が高いとされる報告が見られる。
 
ヒトや動物の消化管にも多く生息しており、その[[糞|糞便]]からも分離される。また女性の膣内に生息する[[デーデルライン桿菌]]と呼ばれる細菌群も、主にラクトバシラス属で構成されている。また、''L. fructivorans''、''L. hilgardii''、''L. paracasei''、''L. rhamnosus''など、ラクトバシラス属の一部には[[エチルアルコール|アルコール]]に強いものがある。これらは[[日本酒]]醸造の現場では「[[火落ち菌]]」と呼ばれ、この菌の[[コンタミネーション|混入]]は日本酒の異臭や酸味などの発生(火落ち)の原因になるが、''L. paracasei , L. plantarum ''は、[[ワイン]]の[[マロラクティック発酵]]を行う<ref name="57-0756">柳田藤寿、篠原隆、後藤昭二「品種別赤ワイン仕込経過中の乳酸菌の分布と分離同定」『山梨大学醗酵研究所研究報告』32, 1997, pp5-13 {{NAID|110000359820}}</ref>。