「ジグムント3世」の版間の差分

編集の要約なし
'''ズィグムント3世'''(Zygmunt III、[[1566年]][[6月20日]] - [[1632年]][[4月19日]])は、[[ポーランド王国|ポーランド]]王(在位:[[1587年]] - [[1632年]])、[[スウェーデン]]王('''シギスムンド'''、Sigismund、在位:[[1592年]] - [[1599年]])。[[ヴァーサ朝|ヴァーサ家]]の[[ヨハン3世 (スウェーデン王)|ヨハン3世]]と[[ヤギェウォ朝|ヤゲウォ家]]の[[ズィグムント2世]]の娘カタジナの子。
 
ズィグムント3世は1587年、前ポーランド王[[イシュトヴステフン (ポーランド王)|ステファン(バートリ・イシュトヴァーン]]の後を受けてポーランド[[貴族]]による[[選挙王政|国王選挙]]によってポーランド王に選ばれた。ヴァーサ家出身のズィグムントがポーランド王に選ばれたのは、ヤギェウォ家の血を引いていたのと、[[リヴォニア戦争]]でスウェーデンと[[同盟]]を結んでいたからであった。両国が共闘して[[バルト三国|バルト地域]]を保有し、[[東欧]]の[[ロシア帝国]]/[[モスクワ大公国]]の[[バルト海]]進出を阻むための政略的な結果であった。
ロシア帝国は[[イヴァン雷帝]]が[[1584年]]に死去した後、バルト地域への影響力を失ってヴァーサ家のポーランド王戴冠阻止に失敗した。
 
この結果、ポーランドはバルト海沿岸の拠点をスウェーデンに奪われ、グスタフ2世アドルフのスウェーデン王位を容認させられた。敗れたズィグムントはハプスブルク家に接近し、よりカトリック諸国と連携を深めていった。その後もスウェーデン王位を渇望し続けたズィグムント3世であったが、1632年に死去した。ポーランド・ヴァーサ家のポーランド王位継承権は維持され、息子のヴワディスワフがポーランド王に即位した。しかし、長き戦争を強いられたポーランド王国は、以後衰退の道を歩んでいった。
 
{{先代次代|[[ポーランド君主一覧|ポーランド王]]|1587 - 1632|[[イシュトヴステフン (ポーランド王)|イシュトヴステフン]]|[[ヴワディスワフ4世 (ポーランド王)|ヴワディスワフ4世]]}}
{{先代次代|[[スウェーデン君主一覧|スウェーデン王]]|1592 - 1599|[[ヨハン3世 (スウェーデン王)|ヨハン3世]]|[[カール9世 (スウェーデン王)|カール9世]]}}
 
匿名利用者