「アポフェニア」の版間の差分

編集の要約なし
(この翻訳記述「木の穀物」に相当する部分は、英語版に"grain of a piece of wood"とあり、「木目 wood grain」のことではないかと思います。実際に英語版ではそこにリンクがついています。そもそもこの記述に付けられた出典にこの話題は有りません。一部、Wikipediaの過去の版のコピー情報っぽいです。その出典は今の英語版記事から無くなっています。Revision as of 00:40, 29 December 2019 PaleoNeonate: This too is unusable: it was a preview of a Wikipedia article とあります。英語版とは別に、日本語版では記述ごと消した方がよいのでは?)
編集の要約なし
 
'''アポフェニア'''({{lang-en-short|apophenia}})とは、無作為あるいは無意味な情報の中から、規則性や[[関連性]]を見出す[[知覚|知覚作用]]のことである<ref>『マンガでわかる行動経済学』2014年、[[サイエンス・アイ新書]]、88頁。</ref>。少数の法則とも。1958年にドイツ人の心理学者[[クラウス・コンラッド]]が[[統合失調症]]の[[前駆症状]]を詳細に記述し、患者が最初に妄想を経験したという事実を反映するために、(ギリシャ語のapo [離れた場所] + phaenein)新語を作り出した<ref>{{cite journal |last=Mishara |first=Aaron |title= Klaus Conrad (1905–1961): Delusional Mood, Psychosis and Beginning Schizophrenia. |year=2010 |journal=Schizophr Bull |volume=36 |number=1 |pages=9–13 |pmc=2800156 |pmid=19965934 |doi=10.1093/schbul/sbp144}}</ref>。
 
ギャンブルなどのランダムな情報のパターンを模索する普遍的な傾向を暗示している。