「吉武高木遺跡」の版間の差分

編集の要約なし
福岡市の西部に位置する[[早良平野]]は、南方の[[脊振山地]]とそれから派生した丘陵によって三方を限られ、北の玄界灘に向かって扇形に開く独立した自然空間を形成している。吉武高木遺跡は、早良平野の中央部を貫流する室見川の中流左岸に広がる[[吉武遺跡群]]の一部を構成する弥生時代の墳墓と建物跡からなる遺跡である<ref name=":0">{{Cite web|title=国指定文化財等データベース|url=https://kunishitei.bunka.go.jp/heritage/detail/401/2690|website=kunishitei.bunka.go.jp|accessdate=2020-11-20|publisher=文化庁(一部改変)}}</ref>。
 
昭和五十五年、吉武遺跡群が所在する飯盛・吉武地域において、圃場整備事業が計画されたため、昭和五十六年から六十年にかけて、[[福岡市教育委員会]]が五次にわたる事前調査を実施した。調査の結果、遺跡群が縄文時代から中世にかけて遺跡からなる大規模なものであることが判明した。遺跡群の最盛期は弥生時代で、前期末から中期後半にかけて甕棺を主体とした墳墓一二〇〇基、丹塗磨研土器を投入した土壙五〇基、[[竪穴住居]][[掘立柱建物]]などが検出されている<ref name=":0" />。
 
吉武高木遺跡はこの遺跡群の南端部に位置し、高木・大石の二地区から青銅器や玉類を副葬するなど、卓越した内容の墳墓群が発見された。特に高木地区の墳墓群は、共同墓地から離れて独立した墓域を形成しており、調査された三五〇平方メートルの範囲に、木棺墓四基、甕棺墓一六基、小型甕棺墓一八基が密集する。このうち小児用とみられる小型の甕棺は、墓域の東半部に集中し、西半部に成人用とみられる大形の甕棺墓と木棺墓が、墓壙の主軸を北東方向に揃えて、整然と配置されていた。これらの成人墓は、大型の墓壙を有しており、墓壙上に花崗岩や安山岩を配した墓標をもつなど、同時期の他の墳墓とは規模や構造上でも差異が認められる。副葬品はこのうちの木棺墓四基、甕棺墓七基で確認された<ref name=":0" />。
高木地区の木棺墓と甕棺墓から出土した副葬品は、細形銅剣九口、細形銅戈一口、細形銅矛一口、多鈕細文鏡一面、銅釧二点、碧玉製管玉四六八点、硬玉製勾玉四点、ガラス製小玉一点、有茎式磨製石鏃一点、小壺などである。多鈕細文鏡と実用的な細形の青銅製武器は、朝鮮半島からの船載品と考えられるものである。これらの豊富な副葬品をもつ墓は、大型の石を地上標識とする点や、共同墓地から離れて独立した墓域をもつ点で、奴国王墓と推定される福岡県春日市須玖岡本遺跡や、伊都国王墓と推定される前原市三雲南小路遺跡の墳墓へと発展する要素が認められ、この墳墓の被葬者達が早良平野に出現した有力首長層であったことを推測させる<ref name=":0" />。
 
[[青銅器]]を多量に副葬した墓群の東方四〇メートルの地点からは、大型の掘立柱建物と高床倉庫が発見されている。大型建物は、桁行五間(総長一二・五メートル)、梁行四間(総長九・五メートル)の身舎に西廂が付く南北棟建物で、北・東の二面には軒支柱が巡り、既発見の同時期の建物としては最大の規模を誇る。この大型建物は先の墓群の被葬者の居館の一部を構成する建物と考えられる。高床倉庫は大型建物の南方五〇メートルに七棟を確認している。桁行二間、梁行一間のもの五棟、桁行・梁行ともに一間のもの二棟からなる。なお一般集落を構成する竪穴住居はこの地区に存在せず、墓域同様、首長層の居住域が一般集落構成員の居住域から独立した可能性が高い<ref name=":0" />。
 
以上のように吉武高木遺跡は、北部九州における弥生時代の階層分化の過程と王権の生長過程を解明する上で、また『[[漢書]]』「[[地理志]]」が伝える百余国に分かれた倭人社会の実態を追求する上で、きわめて高い学術的価値を有しているため、国の史跡に指定されている<ref name=":0" />。
 
== 所在地 ==
174

回編集