「忍壁皇子」の版間の差分

編集の要約なし
| 特記事項 =
}}
'''忍壁 皇子'''(おさかべ の みこ)は、[[天武天皇]]の[[皇子]]。[[官位大宝律令]]の編集に筆頭の編纂者として参与した。[[品位 (位階)|三品文武天皇]]朝の[[知太政官事]]。'''忍坂部皇子'''、'''刑部親王'''(おさかべしんのう)とも記される。
 
== 経歴 ==