「長皇子」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎和歌: 「前述の」を削除し、それに伴い文体を修正(文屋康秀の名は実際には前述されておらず、ここが初出なので))
 
{{基礎情報 皇族・貴族
| 名 = 長皇子
| 各国語表記 =
| 家名・爵位 =
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[飛鳥時代]]-[[奈良時代]]
| 続柄 = [[天武天皇]]皇子
| 称号生誕 = 不詳
| 全名死没 =
| 死亡日薨去 = [[和銅]]8年[[6月4日 (旧暦)|6月4日]]([[715年]][[7月9日]])
| 身位 = 皇子→一品・[[親王]]
| 敬称改名 =
| 別名 = 長親王
| お印 = <!-- 日本の皇族のみ -->
| 出生日諡号 = 不明
| 生地尊号 =
| 役職戒名 =
| 死亡日 = [[和銅]]8年[[6月4日 (旧暦)|6月4日]]([[715年]][[7月9日]])
| 没地墓所 =
| 位階 = [[一品親王|一品]]
| 埋葬日 =
| 続柄父母 = 父:[[天武天皇]]、母:[[大江女]]
| 埋葬地 =
| 兄弟 = [[高市皇子]]、[[草壁皇子]]、[[大津皇子]]、[[忍壁皇子]]、[[穂積皇子]]、'''長皇子'''、[[弓削皇子]]、[[磯城皇子]]、[[舎人親王]]、[[新田部親王]]、[[天武天皇#系譜|他]]
| 配偶者1 =
| 妻 =
| 子 = [[河内王]]、[[栗栖王]]、[[文室浄三|智努王]]、[[石川王 (宮内卿)|石川王]]、[[長田王 (刑部卿)|長田王]]、[[文室大市|大市王]]、[[奈良王]]、茅沼王、[[阿刀王]]、[[広瀬女王]][[智努女王]]
| 父親 = [[天武天皇]]
| 特記事項 =
| 母親 = [[大江皇女]]
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''長皇子'''(ながのみこ)は? - [[和銅天武天皇]]8年の皇子。[[6月4日品位 (旧暦位階)|6月4日品位]]([[715年]][[7月9日]]))[[飛鳥時代]]後期から[[奈良時代]]初期にかけての[[皇族一品親王|一品]]。'''長親王'''(ながしんのう)とも記される。第40代[[天武天皇]]の皇子。[[品位 (位階)|品位]]は[[一品親王|一品]]
 
== 経歴 ==
** 男子:[[阿刀王]]<ref name="sw" />(?-763)
** 女子:[[広瀬女王]](?-765)
** 女子:[[智努女王(長皇子の娘)|智努女王]] 他
 
長皇子の子のうち[[文室浄三|智努王]](文室浄三)・[[文室大市|大市王]](文室大市)は[[舎人親王]]薨去後、[[天平勝宝]]4年([[752年]])に文室真人姓を下賜され[[臣籍降下]]した([[栗栖王]]の系統は曾孫の助雄がはじめて同姓の下賜を受けた)。その後、浄三・大市は他の天武系皇族が相次いで政争により粛清された中生き延び、実現はしなかったが、[[神護景雲]]4年([[770年]])の[[孝謙天皇|称徳天皇]]崩御時には、[[吉備真備]]によって皇嗣候補に推された。