「託基皇女」の版間の差分

編集の要約なし
({{pp|small=yes}})
 
{{pp|small=yes}}
{{基礎情報 皇族・貴族
| 名 = 託基皇女
| 各国語表記 =
| 家名・爵位 =
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[飛鳥時代]]- [[奈良時代]]
| 続柄 = [[天武天皇]]皇女
| 生誕 = 不詳<ref>父・天武天皇の[[崩御]]した[[朱鳥]]元年([[686年]])以前の誕生になると思われる</ref>
| 称号 =
| 全名死没 =
| 死亡日薨去 = [[天平勝宝]]3年[[1月25日 (旧暦)|1月25日]]([[751年]][[2月25日]])
| 身位 = 皇女→一品・[[内親王]]
| 敬称改名 =
| 別名 = 多紀皇女、当耆皇女、託基内親王
| お印 = <!-- 日本の皇族のみ -->
| 号 =
| 出生日 = [[朱鳥]]元年([[686年]])以前?
| 生地尊号 =
| 宗教戒名 =
| 死亡日 = [[天平勝宝]]3年[[1月25日 (旧暦)|1月25日]]([[751年]][[2月25日]])
| 没地墓所 =
| 位階 = [[一品親王|一品]]
| 埋葬日 =
| 父母 = 父:[[天武天皇]]、母:宍人大麻呂娘[[宍人カジ媛娘|カジ媛娘]]
| 埋葬地 =
| 兄弟 = [[忍壁皇子]]、[[磯城皇子]]、[[泊瀬部皇女]]、'''託基皇女'''、[[天武天皇#系譜|他]]
| 配偶者1 = [[志貴皇子]]
| 子女 = 春日王
| 父親 = [[天武天春日王 (志貴子の子)|春日王]]
| 斎宮在位 = [[文武天皇]]2年[[9月10日 (旧暦)|9月10日]]([[698年]][[10月19日]])- 文武天皇5年([[701年]])
| 母親 = [[宍人カジ媛娘|宍人かじ媛娘]]
| 特記事項 =
| 役職 = [[斎宮|伊勢斎宮]]
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''託基皇女'''(たきのひめみこ、[[朱鳥]]元年([[686年]]以前? - [[天平勝宝]]3年[[1月25日 (旧暦)|1月25日]]([[751年]][[2月25日]]))は、[[飛鳥時代]]から[[奈良時代]]初期にかけての[[皇族]]。[[天武天皇]]の[[皇女]]で、母は宍人臣大麻呂の[[娘|女]]、かじ<ref>「かじ」字は[[木偏]]に穀と作る。</ref>媛娘(かじひめのいらつめ)。'''多紀'''・'''当耆皇女'''とも書き、[[大宝律令]]施行後、「皇女」は「[[内親王]]」と記述される。[[斎宮|伊勢斎王(斎宮)]]。[[志貴皇子]]の妻となり[[春日王 (志貴皇子の子)|春日王]]を生む。
 
== 生涯 ==