「ビタミン」の版間の差分

→‎機能: ビタミンが補酵素だけでないことを編集
(→‎機能: ビタミンが補酵素だけでないことを編集)
 
== 機能 ==
ビタミンの多く生体内において[[酵素]]がその活性を発揮するために必要な[[補酵素]]として機能するものとそうでないものに大別される。補酵素とたがて生体内で働くものは主に[[ビタミンB群]]として知られるものである。補酵素として機能しないものは[[ビタミンA]]、[[ビタミンC]]、[[ビタミンD]]、[[ビタミンE]]および[[ビタミンK]]である。補酵素であるかないかに関わらずビタミンは生体にとって必要不可欠な物質であり、[[ビタミン欠乏症]]に陥ると[[ビタミンB群]][[補酵素]]として利用する酵素が関与する[[代謝]]系の機能不全症状が現れてくたり、[[ビタミンA]]が光を感知する物質の[[前駆体]]であるため[[夜盲症]]になったりする。<ref>{{Cite book|title=ストライヤー生化学(第8版)|date=2018年8月28日|publisher=東京化学同人}}</ref>
 
== ビタミンの一覧 ==