「海上保安学校」の版間の差分

m
各コースのカリキュラムを修正。
(→‎学生の身分: コンマの位置の修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (各コースのカリキュラムを修正。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
 
; 航海コース
巡視船等の運航を担当する海上保安官を育てるコースである。船舶運航に必要な知識を中心に、警備救難業務や武道などを学べる。また、以下の資格が取得可能
 
* カリキュラム - 航海、運用、海事法、海象・気象、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、[[国際法]]、海上保安業務概要等)、英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、[[刑法]]、[[刑事訴訟法]]、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、英語 (II)
五級海技士(航海)筆記免除
 
四級海技士(航海)筆記
 
第一級海上特殊無線技士
 
第二級陸上特殊無線技士
 
一級小型船舶操縦士
* カリキュラム - 航海、運用、海事法、海象・気象、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、[[国際法]] 、海上保安業務概要等)、基礎英語、業務英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、[[刑法]] 、[[刑事訴訟法]] 、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、業務英語 (IIⅡ)、業務英語(Ⅲ)
 
; 機関コース
巡視船等の機関運転・整備を担当する海上保安官を育てるコースである。船舶の機関、電気機器等に関する知識を中心に、警備救難業務や武道などを学べる。また、以下の資格が取得可能
 
* カリキュラム - 機関、電気機器、海事法、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、国際法、海上保安業務概要等)、英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、刑法、刑事訴訟法、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、英語 (II)
内燃機関五級海技士(機関)筆記免除
 
内燃機関四級海技士(機関)筆記
 
第一級海上特殊無線技士
 
第二級陸上特殊無線技士
 
一級小型船舶操縦士
* カリキュラム - 機関、電気機器、海事法、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、国際法、海上保安業務概要等)、基礎英語、業務英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、刑法、刑事訴訟法、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、業務英語(Ⅱ)、業務英語 (II)
 
; 主計コース
巡視船等において経理や調理を担当する海上保安官を育てるコースである。調理技術、総務、経理補給、船舶衛生等を中心に、警備救難業務や武道などを学べる。また、以下の資格が取得可能
 
* カリキュラム - 主計(総務・経理補給・船舶衛生)調理、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、国際法、海上保安業務概要等)、英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、刑法、刑事訴訟法、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、英語 (II)
船舶料理士※
 
衛生管理者(船員法による)※
 
第一級海上特殊無線技士
 
第二級陸上特殊無線技士
 
一級小型船舶操縦士
 
※卒業後年齢条件を満たす必要あり。
* カリキュラム - 主計(総務・経理補給・船舶衛生)調理、通信運用(全課程共通科目)、基礎教養(法学概要、国際法、海上保安業務概要等)、基礎英語、英語 (I)、情報処理 (I)、小型船舶操縦、体育・基本動作、乗船実習、統合実習(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程共通科目)、刑法、刑事訴訟法、海上警察、海上環境、航行安全、救難防災、主計、訓練、英語 (II)
 
=== 航空課程 ===