「強襲揚陸艦」の版間の差分

編集の要約なし
 
== アメリカ国外での普及 ==
イギリス海軍は、アメリカとともに早期から水陸両用作戦でのヘリボーン戦術の活用を試みてきた海軍であり、従来は航空母艦をもとにヘリコプター揚陸艦へと転用ないし兼任させた'''コマンドー母艦'''を運用してきたが、[[フォークランド紛争]]でのヘリコプターの活躍を踏まえて、専用のヘリコプター揚陸艦として「[[オーシャン (ヘリコプター揚陸艦)|オーシャン]]」を建造した。また[[フランス海軍]]は、更に大型で、LHA/LHDと同様に全通飛行甲板とウェルドックを兼ね備えた[[ミストラル級強襲揚陸艦|ミストラル級]]を建造した{{Sfn|Polmar|2008|loc=ch.25 Amphibious Assault}}
 
[[フランス海軍]]は、更に大型で、LHA/LHDと同様に全通飛行甲板とウェルドックを兼ね備えた[[ミストラル級強襲揚陸艦|ミストラル級]]を建造した{{Sfn|Polmar|2008|loc=ch.25 Amphibious Assault}}。
 
[[スペイン海軍]]は、ミストラル級よりも更に大型で、[[スキージャンプ (航空)#VTOL機での使用 (STOVL方式)|スキージャンプ]]勾配も備えるなど航空運用能力が高い「[[フアン・カルロス1世 (揚陸艦)|フアン・カルロス1世]]」を建造したが、これは[[軽空母]]「[[プリンシペ・デ・アストゥリアス (空母)|プリンシペ・デ・アストゥリアス]]」の代艦も兼ねることになっている{{Sfn|Saunders|2015|p=776}}。
 
[[中国人民解放軍海軍]]は、ミストラル級やフアン・カルロス1世よりも更に大型の[[075型強襲揚陸艦]]を建造しており、後継艦は[[固定翼機]]を搭載した軽空母運用も計画されている<ref>{{Cite web |url=https://www.forbes.com/sites/hisutton/2020/07/23/stealth-uavs-could-arm-chinas-type-076-assault-carrier/#ce3acc76f3d6|title=Stealth UAVs Could Give China’s Type-076 Assault Carrier More Firepower|publisher=forbes |accessdate=2020-11-24}}</ref>。
 
[[スペイン海軍]]では、ミストラル級よりも更に大型で、[[スキージャンプ (航空)#VTOL機での使用 (STOVL方式)|スキージャンプ]]勾配も備えるなど航空運用能力が高い「[[フアン・カルロス1世 (揚陸艦)|フアン・カルロス1世]]」を建造したが、これは[[軽空母]]「[[プリンシペ・デ・アストゥリアス (空母)|プリンシペ・デ・アストゥリアス]]」の代艦も兼ねることになっている{{Sfn|Saunders|2015|p=776}}。
{{強襲揚陸艦}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}