「財務総監」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''財務総監'''('''財政総監'''、[[フランス語|仏]]:Contrôleur général des finances)は、[[フランス王国]]における経済担当大臣職。[[1661年]]までの[[大蔵大臣]]([[:fr:Surintendant des Finances|Surintendant des Finances]])に代わり、王国の財務と[[財政]]を監督する職責を持つ。
 
== 歴史 ==
[[1574年]]に設置された[[大蔵省]]では、予算と支出の管理を行う機能のみを持っており、経済や会計監査の機能は持たなかった。しかし、[[1661年]]に当時の大蔵大臣[[ニコラ・フーケ|フーケ]]が逮捕されると、その後、最初の財務長官として[[ジャン=バティスト・コルベール|コルベール]]が就任し、[[1665年]]からは財政の機能も同時に持つこととなった。その後もコルベールのもとに、経済や財政を管轄する機能が集約されることとなり、財務総監の役職が誕生した。
 
この役職は、[[1715年]]から[[1718年]]の間に一時中断された以外は、[[1791年]]の[[フランス革命]]まで存続した。法的には、外国人と[[プロテスタント]]はこの職に就くことができなかったが、[[1776年]]から[[1781年]]および[[1788年]]から[[1790年]]の期間、[[ジャック・ネッケル|ネッケル]]は事実上この職にあった。その間は単に「財務長官」の名称だった。