「L-4Sロケット」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (www.mext.go.jp) (Botによる編集)
(リンク)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (www.mext.go.jp) (Botによる編集))
L-4Sロケットは[[ラムダロケット]]の一種で、[[ミューロケット]]の衛星軌道投入技術を開発するためのテストベッドとして計画された<ref>{{cite web|url=http://www.isas.jaxa.jp/missions/launch_vehicles/l-4s-5.html|title=衛星打ち上げロケット L-4S-5|publisher=ISAS|accessdate=2017-09-12}}</ref>。
 
計4段の全段固体推進剤ロケットで、1段目にL753、2段目にL753の長さを短くしたものを、3段目にL500、4段目にL480Sを用いた<ref name="EA"/>。さらに2号機以降は1段目に2基の補助ブースターが取り付けられている<ref name="monbu">[httphttps://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/space/kaihatsushi/detail/1299719.htm L-4S型ロケット] -文部科学省</ref>。
 
今では考えられないが、L-4Sロケットは誘導制御装置が付いていない、世界初の無誘導衛星打ち上げロケットである。しかし、単に真っ直ぐロケットを打ち上げても軌道には乗らない。何らかの方法で機体を制御し、地表に対し水平に向きを変えなくては、衛星を軌道に投入できないのである。これは決して開発能力が無かったわけではなく、誘導装置はミサイル開発に繋がる軍事技術へ転用可能という指摘が野党の[[日本社会党]]等から上がり、開発着手時期が大幅に遅れたためである<ref>1960年4月14日第34回参議院内閣委員会第19号 社会党の[[矢嶋三義]]がロケット研究の軍事転用の可能性について懸念を表明 </ref><ref>1961年4月18日第38回衆議院科学技術振興対策特別委員会第11号