「センチネル族」の版間の差分

編集の要約なし
(独自研究かつきっかけ不明 2400:4070:13A2:F400:3C80:E4C3:D8A6:987B (会話) による ID:80483326 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
| lat_deg = 11 | lat_min = 33 <!-- default: lat_dir = N -->
| lon_deg = 92 | lon_min = 14 <!-- default: lon_dir = E -->}}}}
'''センチネル族'''(センチネルぞく)は、[[インド洋]]東部の[[アンダマン諸島]]に浮かぶ[[北センチネル島]]に住む先住民族。[[人口]]は250人ほどとされる。今もなお[[石器時代]]の生活を維持する世界で唯一の民族と言われ、外部との接触を拒否する生活を続けており、[[インド]]政府も干渉をしない意向を示している。センチネル族は外来との接触が歴史的に非常に少ない集団であったため、外部の病原菌に対する免疫抵抗力が弱いと思われ、少ない人口が一気に全滅する可能性があることも不干渉の理由の一つである(近隣の先住民族・[[アンダマン諸島人|アンダマン諸島先住民]]の諸族は[[大アンダマン人]]、[[ジャラワ族]]、[[オンゲ族]]など、既に感染症による脅威にさらされている例が多い。[[ジャンギル族]]に至っては20世紀初頭に全滅してしまっている)。
 
[[File:Andamanese comparative distribution.png|thumb|250px|アンダマン諸島の民族分布。赤い部分がセンチネル族。]]
地理的に[[ジャラワ族]]や[[オンゲ族]]と同系統とも推定されているが、データが存在しないので確かな事は何とも言えない状態である。
 
== 脚注 ==
<references />