「ヨベル書」の版間の差分

編集の要約なし
{{旧約聖書}}
『'''ヨベル書'''』(ヨベルしょ、[[ヘブライ語]]:{{lang|he|ספר היובלים}})は[[ヘブライ聖書]]の書物のひとつで、『[[創世記]]』の時代の出来事が記されている。今日これを[[正典|聖書正典]]として認めているのは[[ベタ・イスラエル|エチオピア・ユダヤ教徒]]並びに[[エチオピア正教会]]のみであり、ほとんどの[[ユダヤ教]]と[[キリスト教]]においては、[[外典|偽典]]として扱われている。その他の偽典と同様、主流派には受け入れられなかったため、現在ではほとんどが散逸してしまっている。『小創世記』と呼ばれることがある。
 
== 起源 ==
研究者によれば、『ヨベル書』は[[紀元前2世紀]]代に[[ユダヤ人]]の手によって書かれたと推定されている。原本は[[ヘブライ語]]で書かれていたのだが、現在のところ完全な形で残っているのは[[ゲエズ語]]に翻訳された写本のみである。ゲエズ語の『ヨベル書』は[[ベタ・イスラエル|エチオピア・ユダヤ教徒]]、並びに[[エチオピア正教会]]の正典『[[オリット]]』(旧約聖書のゲエズ語訳)の一文献として組み入れられている。また、ヘブライ語によるオリジナルの断片がクムランの[[死海文書]]群の中から多数発見されたことにより、同書が[[エッセネ派]]には受け入れられていたことが知られるようになった。
 
== 内容 ==
匿名利用者