「ジェームス・ダグラス」の版間の差分

m
[[1987年]]5月30日、空位の[[国際ボクシング連盟|IBF]]世界[[ヘビー級]]王座を[[トニー・タッカー]]と争い、10回TKO負け。
 
[[1990年]]2月11日、[[マイク・タイソン]]の持つ[[世界ボクシング協会|WBA]]・[[世界ボクシング評議会|WBC]]・IBF世界ヘビー級王座に挑戦し、10回KO勝ちで王座を獲得。[[リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー]]に選出された。強打で恐れられたタイソンに勇気を持って立ち向かい、タイソンを初めて負かし破った選手となった<ref>{{Cite web|url=https://spaia.jp/column/boxing/10249|title=マイク・タイソンがリング復帰?波乱万丈のボクシング人生|publisher=【SPAIA】スパイア|date=2020-05-02|accessdate=2020-11-16}}</ref>。
 
1990年10月25日、[[イベンダー・ホリフィールド]]に3回KO負けし、王座から陥落。引退を表明する。番狂わせで世界チャンピオンに上り詰めたことで環境が激変し、コンディション調整の失敗も理由であった。