「井嶋一友」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''井嶋 一友'''(いじま かずとも、[[1932年]](昭和7年)[[10月7日]] - )は、[[日本]]の[[検察官]]。[[弁護士]]。元次長検事。元[[最高裁判所裁判官|最高裁判所判事]]。父は元・[[次長検事]]、[[井嶋磐根]](いじま いわね)。
 
== 来歴 ==
1957年[[京都大学]]大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]卒業。[[1959年]](昭和34年)検事任官。大臣官房長、[[法務省刑事局|刑事局長]]、[[最高検察庁|最高検]]刑事部長を経て、[[1992年]](平成4年)[[高松高等検察庁|高松高検]]検事長、[[1993年]](平成5年)次長検事。[[1995年]](平成7年)には最高裁判事に就任。
 
[[2002年]](平成14年)に定年退官となる。その後、弁護士登録し、ランドビジネス[[監査役]]等を務めた。
[[2004年]](平成16年)の秋の叙勲で[[旭日大綬章]]を受章した。
 
== 略歴 ==
*[[1956年]](昭和31年) [[司法試験|司法試験第二次試験]][[試験#合格|合格]]
*[[1959年]](昭和34年)4月6日 [[司法修習]]修了
**4月6日 [[司法修習]]修了
*[[1959年]](昭和34年)4月8日 [[名古屋地方検察庁]]検事
*[[1959年]](昭和34年)12*4288[[名古屋地方検察庁一宮支部]]検事
*[[1959年]](昭和34年)4*12828[[名古屋地方検察庁]]一宮支部検事
*[[1961年]](昭和36年)3月25日 [[札幌地方検察庁]]検事
*[[1963年]](昭和38年)3月25日 [[東京地方検察庁]]検事
*[[1967年]](昭和42年)3月25日 法務大臣官房人事課付併任
*[[1968年]](昭和43年)1月31日 法務大臣官房人事課付
*[[1968年]](昭和43年)4*1531日 法務大臣官房人事課付併任
*[[1968年]](昭和43年)8*4205[[法務省]]刑大臣官房人付併任
**8月20日 [[法務省]]刑事局付併任
*[[1970年]](昭和45年)1月16日 法務大臣秘書官事務取扱併任
*[[1971年]](昭和46年)2月15日 法務大臣秘書官事務取扱併任解除
*[[1971年]](昭和46年)3*22515日 法務省刑大臣秘書官局付務取扱併任解除
**3月25日 法務省刑事局付
*[[外務省]]在オランダ日本国大使館参事官
*[[1976年]](昭和51年)8月4日 法務省刑事局参事官
**8月4日 法務省刑事局参事官
*[[1976年]](昭和51年)10*10月4日 東京地方検察庁検事
*[[1979年]](昭和54年)3月26日 [[東京高等検察庁]]検事併任東京地方検察庁検事
*[[1980年]](昭和55年)6月2日 法務省刑事局刑事課長
*[[1983年]](昭和58年)6月21日 法務大臣官房秘書課長
*[[1985年]](昭和60年)7月25日 法務大臣官房司法法制調査部長
*[[1986年]](昭和61年)9月1日 最高検察庁検事
*[[1986年]](昭和61年)11*921甲府地方最高検察庁検事
*[[1988年]](昭和63年)4*11202最高甲府地方検察庁検事
*[[1988年]](昭和63年)6月17日 法務大臣官房長
**4月20日 最高検察庁検事
**6月17日 法務大臣官房長
*[[1990年]](平成2年)6月13日 法務省刑事局長
*[[1991年]](平成3年)12月21日 最高検察庁刑事部長
*[[1993年]](平成5年)7月2日 次長検事
*[[1995年]](平成7年)8月11日 最高裁判所判事
*[[2002年]](平成14年)10月6日 定年退官
**10月6日 定年退官
*[[2002年]](平成14年)11*11月6日 弁護士登録(第一東京弁護士会)
*[[2004年]](平成16年)11月3日 授旭日大綬章
*[[2005年]](平成17年)12月 株式会社ランドビジネス監査役
 
== 脚注 ==
{{reflistReflist}}
 
{{Normdaten}}
{{People-stub}}
{{Law-stub}}
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:いしま かすとも}}
匿名利用者