「CR機」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{独自研究|date=2013年2月}}
'''CR機'''(シーアールき)とは[[プリペイドカード]]に対応した[[パチンコ]]遊技機の一種<ref name="50th">{{Cite web |title= 岐阜県遊技業協同組合五〇年史 |url= http://www.gifu777.jp/pdf/50th.pdf|accessdate=2018-09-29}}</ref>。'''CR'''意味語源'''Card「{{lang|en|card Reader'''reader}}」頭文字であるという説が定説となっている<ref name="50th" />。[[1992年]]登場当時は'''CaRd'''単語「{{lang|card}}」1文字目と3文字目だという説や、'''Card「{{lang|en|card Reserve'''reserve}}」頭文字だとする説など、はっきりしなかった。その後、一部パチンコ攻略誌などが積極的に唱えた'''Card「{{lang|en|card Reader'''reader}}」頭文字だという説が主流となっている。
 
いずれにしてもCR機とはパチンコ玉を供給する方式についての区別であるため、CR機というのは[[デジパチ]]の別名ではない。よってCR機と対比されるのは[[現金機]]などパチンコ玉を供給する方式が異なる機器である。しかし、CR機と現金機は単にパチンコ貸しを供給する方式に関する区分だけでなく、後述の確率変動に関する基準が違い、遊技機のゲーム性にも影響を与えているため、羽根モノなどといった括りでも分類される。
'''CR機'''とは上記のように玉貸しに関する区分なので、[[海物語シリーズ]]に代表される[[デジパチ]]タイプの機種をCR機と呼ぶのは'''間違い'''であるとされ、「'''CR機'''」に対するそれ以外の機種の名称は[[羽根モノ]]、[[普通機]]などではなく「'''[[現金機]]'''」である。
 
しかし、CR機と現金機は単に玉貸しに関する区分だけでなく、後述の確率変動に関する基準が違い、遊技機のゲーム性にも影響を与えているため、羽根モノなどといった括りでも分類される。
 
現金機のイメージが強い羽根モノタイプの機種でも、「CR - 」の接頭語を持つ機種も少なくない(2012年現在)。
CR機導入の際には、コスト増や変造カード対策への懸念から、パチンコ台メーカー、ホールともに反対意見が相次いだが、パチンコ台の大当りにおける[[確率変動]](確変)機能の付加を許可することを条件に、CR機導入を促した経緯がある(現金機では小当たりの確変→[[時短 (パチンコ)|時短]]のみ)。ただ、上記のように、現金を各台横にある玉貸機の挿入口に差し込んでいるホールが主流となっている現状では、その差別化はあまり意味を為さないものとなっている。
 
CR機には、本体に直接読取装置が付いている物と、外部の読み取り機を接続する物がある。また、内規により型名の接頭辞を「CR」とするようになっている(「'''CR'''新海物語」など)。
 
なお前述の通り、[[2018年]]改正規則準拠機に適合した新機種においては、新たに型名の接頭辞は『'''P'''』とされている(第1号は[[三共 (パチンコ)|SANKYO]]「'''P'''フィーバー革命機ヴァルヴレイヴ」)。