「津久見市」の版間の差分

→‎歴史: 中世の記述を加筆
(→‎近現代: 記事追加。石灰焼。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎歴史: 中世の記述を加筆)
* [[740年]](天平12年)仁藤仁左衛門が青江の松川で小ミカンの栽培を始める。
* [[1157年]](保元2年)又四郎が上青江蔵富に小ミカン木を移植する(国指定天然記念物 [[尾崎小ミカン先祖木]])。
=== 中世 ===
* [[1250年]](慶長2年)津久見浦鎮守八幡大菩薩に「やぶた」三反を御供田として寄進するという記述がある(津久見の文字の最も古い史料)。
=== 近現代 ===
江戸時代、北部は[[臼杵藩]]領、南部は[[佐伯藩]]領だった。
478

回編集