「津久見市」の版間の差分

→‎中世: 寺社創建、伊能忠敬来訪を加筆
(→‎古代: 移植の元地を追加)
(→‎中世: 寺社創建、伊能忠敬来訪を加筆)
* [[1250年]](慶長2年)津久見浦鎮守八幡大菩薩に「やぶた」三反を御供田として寄進するという記述がある(津久見の文字の最も古い史料)。
* [[1374年]](応安7年)解脱闇寺創建。
* [[1532年]](天文元年)羽迫神社創建。
* [[1533年]](天文2年)西教寺創建。
* [[1583年]](天正11年)大友宗麟が赤八幡神社を焼く。
* [[1586年]](天正14年)久保泊城の戦い。
* [[1587年]](天正15年)5月23日、大友宗麟が津久見で生涯を閉じる。
* [[1591年]](天正19年)保戸島法照寺創建。
* [[1643年]](寛永20年)鳩浦立法寺創建。
* [[1700年]](元禄13年)堅浦海岸寺創建。
* [[1810年]](文化7年)伊能忠敬一行が津久見を踏査。
 
=== 近現代 ===
478

回編集