「黒い三連星」の版間の差分

== その他 ==
* [[バンダイホビーセンター]]にある17台の[[射出成形機]]は[[ホワイトベース]]を模した塗装が施されているが、3台のみドムをイメージした塗装となっている。
* 黒い三連星をモチーフにしたキャラクターや演出は漫画、アニメ、ゲーム、CMなどさまざまなメディアで数多く制作されている。その多くは「黒いカラー」「3人組」「三位一体攻撃」「相手に踏みつけられる」などの共通性を持つことが多い。[[ガンダムシリーズ一覧|ガンダムシリーズ]]でも、『[[機動戦士ガンダムUC]]』の[[ロンド・ベル]]の三連星(トライスター)、『[[機動戦士ガンダムNT]](漫画版)』のネオ・ジオンの白の三ツ星 などが登場している。また、『機動戦士ガンダム』の監督の[[富野由悠季]]自身もセルフパロディに及んでおり、アニメ『[[聖戦士ダンバイン]]』において「[[聖戦士ダンバイン#ガラミティ・マンガン、ニェット、ダー|クの国の赤い三騎士]]」と呼ばれる容貌も似せたキャラクターを登場させている<ref group="注" name="tanto">キャスティング担当声優は異なる。</ref>。また、サンライズが制作した『[[焼きたて!!ジャぱん]]』にはガイア、オルテ''''''ガ、マッシュという容姿も同じアニメオリジナルキャラクターが登場した<ref group="注" name="tanto" />キャスティ、イメージシー異なドムに搭乗して[[ノーベルガンダム]]にジェットストリームアタックを仕掛け。</ref>
* ゲーム『戦士達の軌跡』では、「もし三連星がホワイトベース隊に勝利していたら」というIFストーリーがあり、レビルを叩け!!(オデッサ作戦)・ジャブロー攻略作戦・ルナツー掃討作戦の3つのミッションが用意されている。ゲーム『[[ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079]]』の「闇夜のフェンリル隊」メンバー・ニッキ、シャルロッテ、マニング、レンチェフがゲスト出演し、三連星と共に任務を遂行していく。ジャブロー攻略作戦では同じく『ジオニックフロント』よりマドロック(ガンダム6号機)搭乗のエイガーも参戦する。さらに、ルナツー掃討作戦では再びアムロが登場し、小説版に登場した「G-3ガンダム」を駆って三連星らに戦いを挑む。
* [[2018年平昌オリンピック]]の[[2018年平昌オリンピックのノルディック複合競技|ノルディック複合]]・個人ラージヒルにおいて、前半のジャンプでは[[渡部暁斗]]らを下回る4〜6位だったものの、後半のクロスカントリーで交互に風除けになる(つまりジェットストリームアタックの隊形)ことで渡部たちを猛追し、結果的にメダルを独占した[[2018年平昌オリンピックのドイツ選手団|ドイツチーム]]の3人([[ヨハネス・ルゼック]]、{{仮リンク|ファビアン・リースレ|de|Fabian Rießle}}、[[エリック・フレンツェル]])に対して、インターネット上で「ドイツの黒い三連星」という呼称が広まり、一部報道やNHKが新聞の[[ラテ欄|テレビ欄]]でこの表現を使用した(ドイツチームは黒いウェアを着用していた)<ref>{{Cite news|url=https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/22/0011008003.shtml|title=NHKもテレビ欄に「ドイツの黒い三連星」…五輪複合団体、話題ガンダムネタ投入|newspaper=デイリースポーツ|date=2018-02-22|pages=1-2|agency=神戸新聞社|accessdate=2018-02-23}}</ref>。