「ウィリングドン侯爵」の版間の差分

m
Bot作業依頼: クラクロフト貴族名鑑のリンク切れ修正 (www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/) - log
m (Bot作業依頼: クラクロフト貴族名鑑のリンク切れ修正 (www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/) - log)
 
== 歴史 ==
[[フリーマン・フリーマン=トーマス (初代ウィリングドン侯爵)|フリーマン・フリーマン=トーマス]]{{small|(1866–1941)}}は、[[自由党 (イギリス)|自由党]]の[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員を経て[[1910年]][[7月20日]]に[[連合王国貴族]]爵位'''サセックス州におけるラットンのウィリングドン男爵'''{{small|(Baron Willingdon, of Ratton in the County of Sussex)}}に叙されて[[貴族院 (イギリス)|貴族院]]議員に転じた。その後、英領インドで{{仮リンク|ボンベイ総督|en|List of governors of Bombay}}(在職1913年-1918年)や{{仮リンク|マドラス総督|en|List of colonial Governors and Presidents of Madras}}(在職1919年-1924年)を務め、[[1924年]][[6月23日]]には連合王国貴族'''サセックス州におけるラットンのウィリングドン子爵'''{{small|(Viscount Willingdon, of Ratton in the County of Sussex)}}に叙された。1926年から1931年にかけて[[カナダ総督]]を務め、1931年2月20日には連合王国貴族'''ウィリングドン伯爵'''{{small|(Earl of Willingdon)}}と'''サセックス州におけるウィリングドンのラテンドーン子爵'''{{small|(Viscount Ratendone, of Willingdon in the County of Sussex)}}に叙せられた<ref name="CP MW">{{Cite web |url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/willingdon1936.htm|title=Willingdon, Marquess of (UK, 1936 - 1979)|accessdate= 2019-9-17 |last= Heraldic Media Limited |work= [http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/introduction.htm Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage] |language= 英語 }}</ref><ref name="thepeerage.com">{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p7766.htm#i77658 |title= Freeman Freeman-Thomas, 1st Marquess of Willingdon |accessdate= 2019-09-21 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。さらに1931年から1936年にかけて[[インド総督]]に就任し、力による支配を徹底。ロンドンでの第二次円卓会議決裂後にはじまった第二次不服従運動を徹底的に弾圧し、ピーク時には3万4000人を投獄した{{sfn|浜渦哲雄|1999|p=182}}。その功績により、総督退任直後の[[1936年]][[5月26日]]に'''ウィリングドン侯爵'''{{small|(Marquess of Willingdon)}}に叙せられた<ref name="CP MW"/><ref name="thepeerage.com"/>。
 
初代侯には息子が二人あったが、長男ジェラルド・フリーマン=トーマス{{small|(1893-1914)}}は[[第一次世界大戦]]で戦死していたため、初代侯の死後、次男{{仮リンク|イニゴ・フリーマン=トーマス (第2代ウィリングドン侯爵)|label=イニゴ・フリーマン=トーマス|en|Inigo Freeman-Thomas, 2nd Marquess of Willingdon}}{{small|(1899–1979)}}が爵位を継承した。しかしイニゴには子供ができなかったため、彼の死去と共に爵位は廃絶した<ref name="CP MW"/><ref>{{Cite web |url= http://thepeerage.com/p7362.htm#i73612 |title= Inigo Brassey Freeman-Thomas, 2nd Marquess of Willingdon|accessdate= 2019-09-21 |last= Lundy |first= Darryl |work= [http://thepeerage.com/ thepeerage.com] |language= 英語 }}</ref>。
576,486

回編集