「上申書殺人事件」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎上申書の事件: 文章訂正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''上申書殺人事件'''(じょうしんしょさつじんじけん)とは[[茨城県]]で発生した殺人事件。「上申書事件」「茨城上申書殺人事件」とも呼ばれる。
 
== 概要 ==
[[日本における死刑|死刑]][[判決 (日本法)|判決]]を受けて上訴中だった元[[暴力団]]組長の被告人Gが、自分が関与した複数事件(殺人2件と死体遺棄1件)の上申書を提出。元暴力団組員が「先生」と慕っていた不動産ブローカーのMが3件の殺人事件の首謀者として告発された。元暴力団組長に取材を続けていた雑誌『[[新潮45]]』が[[2005年]]に報じたことによって、世間から大きく注目されるようになり、「先生」が関与した1つの殺人事件について[[刑事事件]]化した。
元暴力団組長は「先生」との共同殺人のあと、自分に不義理を働いた人物らに制裁を加えるため1人を川に突き落として水死させたのち、もう1人の自宅を襲撃してその場にいた全員を監禁、高濃度の覚醒剤を注射して彼の知人女性を中毒死させ、部屋を放火するという[[宇都宮監禁殺人事件]]という別事件で上記の判決を受けていた。
 
元暴力団組長は「先生」との共同殺人のあと、自分に不義理を働いた人物らに制裁を加えるため1人を川に突き落として水死させたのち、もう1人の自宅を襲撃してその場にいた全員を監禁、高濃度の[[覚醒剤]]を注射して彼の知人女性を中毒死させ、部屋を放火するという[[宇都宮監禁殺人事件]]という別事件で上記の判決を受けていた。
元暴力団組長が上申書で告発したきっかけは、「先生」が首謀した殺人事件の報酬を受け取る約束が、直前に別の刑事事件で逮捕・長期勾留されたことで「先生」に反故にされたこと、世話を頼んだ舎弟が自殺した際に舎弟の財産が「先生」の手により処分されたことであった。上申書の中では「先生」や舎弟(別事件の共犯らおよび自殺した人物)だけでなく、「先生」と関わりのある会社経営者や死亡者の家族らも「先生」同様逮捕を免れた共犯として名前が挙がっていた。
 
元暴力団組長が上申書で告発したきっかけは、「先生」が首謀した殺人事件の[[報酬]]を受け取る約束が、直前に別の刑事事件で[[逮捕 (日本法)|逮捕]]・長期[[勾留]]されたことで「先生」に反故にされたこと、世話を頼んだ舎弟が自殺した際に舎弟の財産が「先生」の手により処分されたことであった。上申書の中では「先生」や舎弟(別事件の共犯らおよび自殺した人物)だけでなく、「先生」と関わりのある会社経営者や死亡者の家族らも「先生」同様逮捕を免れた共犯として名前が挙がっていた。
 
== 上申書の事件 ==
;北茨城市生き埋め事件
:1999年11月下旬に「先生」が埼玉県[[大宮市]](現[[さいたま市]])の資産家男性(当時70代)を[[水戸市]]の駐車場で拉致して[[北茨城市]]の「先生」の所有地まで運んで穴を掘り、穴の中に入れて生き埋めにして殺害した。男性の土地はいったん「先生」名義になった上で、その後売却された。
:被害男性は特定されており、男性の[[住民票]]移動や土地登記の移動も上申書の通り裏付けられた。
:しかし、「先生」所有の土地で遺体が見つからなかった(「先生」が証拠隠滅のために、遺体を掘り起こして別の土地に移したという情報がある)。そもそも、被害男性は身寄りがないため、DNA鑑定しても本人確認が難しいという問題があった。
:この事件で「先生」は約7000万円を入手した。
;日立市ウォッカ事件
:「先生」が2000年7月中旬から借金を抱えていた茨城県[[阿見町]]のカーテン店経営者(当時67歳)を[[日立市]]内の事務所等で軟禁状態に置き、[[糖尿病]][[肝硬変]]を患っていた被害者の体調悪化を狙って、1ヶ月間にわたって大量の[[]]を与えた。同年8月中旬に「先生」の自宅で高アルコール濃度の[[ウォッカ]]を無理やり飲ませ、病死に見せかけて殺害。遺体を[[七会村 (茨城県西茨城郡)|七会村]](現[[城里町]])下赤沢の山中の林道に運んで遺棄した事件。8月15日に遺体が発見された。当初は警察が「事件性無し」として処理した結果、残された家族は生保会社2社から約1億円の生命保険金を手にしたが、大部分の保険金は「先生」たちによって山分けされた。
 
== 刑事裁判 ==
告発されていた3つの殺人事件の内、日立市ウォッカ事件が[[保険金殺人]]として刑事裁判となった。
 
[[裁判]]の結果、首謀者である「先生」は無期懲役、死亡現場に立ち会った元暴力団組員は[[懲役]]20年(別事件で死刑確定)、従犯だった舎弟4人は不起訴(生存した3人は別事件で12年~無期の懲役)、保険金殺人の依頼をした死亡者家族3人に懲役13~15年が言い渡された。また、死亡保険金が振り込まれた口座を不正開設した[[詐欺罪]]で死亡者家族2人が懲役1年・[[執行猶予]]3年となった。
 
また、事件[[捜査]]中の2006年12月31日に、殺人事件の依頼を仲介したとされる工務店経営者(当時52歳)が[[交通事故]]死している。
 
== 関連書籍 ==
*新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫)
 
== 関連項目 ==
*[[凶悪 (映画)]] ……『凶悪 -ある死刑囚の告発-』の映画化。