「原長頼」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
編集の要約なし
'''原 長頼'''('''はら ながより''')は、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]から[[安土桃山時代]]にかけての[[武将]]。
 
{{武士/開始|原長頼}}
{{武士/時代|戦国時代から安土桃山時代}}
{{武士/生誕|[[天文_(元号)|天文]]13年([[1544年]])}}
{{武士/死没|[[慶長]]5年[[10月13日 (旧暦)|10月13日]]([[1600年]][[11月18日]])}}
{{武士/別名|彦二郎(通称)。信政、房親、政茂、胤房、<br>可房、高豊、勝胤、勝根(別名)}}
{{武士/氏族|[[原氏]]}}
{{武士/終了}}
天文13年(1544年)に生まれる。はじめ織田信長に仕え、[[美濃]][[本巣郡]][[花木城]]主となる。[[天正]]3年([[1575年]])、信長から[[越前]]大野郡に2万石を与えられ、[[柴田勝家]]軍団に属した。天正6年([[1578年]])に[[荒木村重]]が信長に対して反乱を起こすと、その討伐で軍功を挙げ、天正7年([[1579年]])には信長の命令で村重一族の処刑を担当している。
 
天文13年(1544年)に生まれる。はじめ織田信長に仕え、[[美濃]]本巣郡[[花木城]]主となる。[[天正]]3年([[1575年]])、信長から[[越前]]大野郡に2万石を与えられ、[[柴田勝家]]軍団に属した。天正6年([[1578年]])に[[荒木村重]]が信長に対して反乱を起こすと、その討伐で軍功を挙げ、天正7年([[1579年]])には信長の命令で村重一族の処刑を担当している。
 
信長没後は勝家に従い、天正11年([[1583年]])の[[賤ヶ岳の戦い]]では、柴田方に属して先鋒を務めたが、後に羽柴秀吉(豊臣秀吉)方に寝返った。戦後は[[徳山秀現]]と共に[[前田利家]]の家臣となり、天正12年([[1584年]])の[[能登]][[末森城]]の戦いで軍功を挙げた。天正13年([[1585年]])、秀吉の家臣となり、[[伊勢]]国内に3万石を与えられた。
匿名利用者