「臼杵鎮続」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''臼杵 鎮続'''(うすき しげつぐ(正式には「'''鎮'''['''糸賡''']」)、? - [[天正]]6年([[1578年]]))は[[大友氏]]の家臣。[[臼杵長景]]の子で[[臼杵鑑続]]・[[臼杵鑑速]]の弟。「'''紹冊'''」(しょうさく)の号でよく知られている。[[筑前国]][[志摩郡 (筑前国)|志摩郡]][[柑士岳城]]城主。
 
兄・鑑続の死後、筑前に入り、志摩郡の国人達を統率する。[[博多]]の三笠川の改修や「房州堀」の開削によって水の便を良くする一方、[[毛利氏]]との戦いで博多を防衛するなど博多の町の発展に貢献する。だが、短慮なところもあり[[原田信種]]との確執が後に信種の離反([[元亀]]3年([[1570年]])を招き、続いて[[龍造寺隆信]]との戦いでは守っていた城を落とされて[[龍造寺氏|龍造寺軍]]の捕虜となったために、主君[[大友宗麟]]からの叱責を受けた。
匿名利用者