「山田宗昌」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''山田 宗昌'''(やまだ むねまさ、[[天文_(元号)|天文]]6年([[1537年]]) - [[元和]]6年([[1620年]]))は[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]初期の武将である。[[山田宗継]]の子。二郎三郎。土佐守。匡得。
匡得は入道名で、「[[大江匡房]]の戦術を会得した」=「匡得」が由来という。
他にも匡徳、京徳などと表記する文書もある。
匿名利用者