「北関東」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
====[[水戸市|水戸]]以北====
[[古墳時代]]、[[常陸国]]周辺は東国最果ての地であったと言われる。[[奈良時代]]に[[律令制]]が敷かれると[[東海道]]に属した。[[平安時代]]に入り、[[桓武天皇]]に多くの[[皇子]]があったことから[[朝廷]]は[[常陸国]]を[[親王任国]]に指定したため、以降常陸は[[桓武平氏]]一族の任地の一つとなり、水戸周辺は常陸平氏・[[大掾氏]]の領地となった。大掾氏は水戸に館を築くが、これがその後[[水戸城]]に継承された。<br>
 
一方、[[前九年の役]]、[[後三年の役]]で[[安倍氏 (奥州)|奥州安倍氏]]の鎮圧で功を挙げた[[清和源氏]]流[[新羅三郎]]・[[源義光]]の長男・[[源義業]]は常陸国[[久慈郡]][[常陸太田市|佐竹郷]](現在の[[常陸太田市]])を領して[[佐竹氏]]を名乗った。また義光の三男・[[源義清]]は[[那賀郡]][[ひたちなか市|武田郷]]を領して[[武田氏]]を名乗った。武田氏は大掾氏と競合して朝廷から牽制され[[甲斐国]]に移ったが、佐竹氏は大掾氏の娘を嫁として土着し[[戦国時代 (日本)|戦国時代_(日本)|戦国時代]]には[[戦国大名]]となって常陸国・下総国を支配したが、[[関ヶ原の合戦]]で西軍に就いたため[[久保田藩]]に転封された。<br>
 
[[江戸時代]]、この地には[[水戸徳川家]]が配され、[[日本橋]]からは[[水戸街道]]が整備された。<br>
 
現在は[[常磐自動車道]]・[[常磐線]]・[[国道6号]]線が通り[[福島県]][[浜通り]]地方への経路となっている。また[[日立市]]、[[ひたちなか市]]および[[大洗町]]には北関東随一の[[重要港湾]]([[日立港]]、[[常陸那珂港]]、[[大洗港]])があり、[[北海道]]/[[北米]]/[[欧州]]/[[極東]]/[[中国]]/[[韓国]]定期貨物[[航路]]の拠点・[[北海道]]定期旅客航路の拠点・北関東の物流拠点等の機能を担い、北関東内のみならず東日本の一大物流基地となっている。日立市は日立港を擁する[[日立製作所]]の企業城下町としても有名である。<br>
 
水戸東部には北関東最大の海水浴地である[[大洗町|大洗]]や[[ひたちなか市|阿字ヶ浦]]、夏に海浜コンサートが開かれる[[国営ひたち海浜公園]]が立地する。また北部[[日立市|日立]]周辺は北関東唯一の海浜リゾート地でもあり、河原子・川尻・伊師浜等の海水浴場を抱え、シーズンには[[栃木県]]各地から海水浴客を集め混雑する。[[久慈川]]上流は[[八溝山地]]の関東北部山系、さらに[[阿武隈高地]]に連なり、陸奥国との天然の境界となっていたが、現在はJR[[水郡線]]や[[国道349号]]が整備され、日本有数の[[瀑|名瀑]]である[[袋田の滝]]があり観光名勝となっている。<br>
 
====[[鹿嶋市|鹿嶋]]周辺====
 
====[[土浦市|土浦]]周辺====
かつて[[鬼怒川|毛野川]]・[[小貝川]]河口付近であり、南部は香取海や湿地帯であった。江戸時代以降に開墾され、新田となった土地も多い。<br>
 
古代、毛野川流域には[[毛野国]]が立国され[[下野宇都宮氏|下毛野君]]の領土であったと言われる。[[平安時代]]、この一帯は[[桓武平氏]]流[[大掾氏]]の領地であったが、その後政争に敗れて失脚した。[[鎌倉時代]]から[[室町時代]]にかけては[[下野国|下野]][[国司]]・[[宇都宮氏]]傍系の[[八田知家|八田氏]]流・[[小田氏]]が[[常陸国]][[守護]]となって統治し、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]には常陸国守護で[[戦国大名]]となった[[佐竹氏]]の勢力下にあった。[[江戸時代]]になると[[清和源氏]]・[[細川氏]]が[[谷田部藩]]に入封し[[明治維新]]まで続いた。[[廃藩置県]]当初は[[新治県]]に編入された。
 
現在は[[筑波山]]や[[霞ヶ浦]]などの観光地を抱える。
 
====[[足利市|足利]]・[[小山市|小山]]・[[結城市|結城]]周辺====
古くは東山道、江戸時代には[[例幣使街道|日光例幣使街道]]、現在は[[国道293号]]線・[[国道50号]]線・[[両毛線]]・[[東武伊勢崎線]]等が通る。<br>
 
古代、[[毛野国]]の中心にあった地域で、現在の[[栃木市]]付近に[[国府]]が置かれた。[[国造]]は[[下野宇都宮氏#下毛野氏|下毛野君]]。<br>
 
[[平安時代]]以降、関東に起こった[[清和源氏]][[源義家|義家]]流[[新田氏]]・[[足利氏]]、同[[源義光|義光]]流[[佐竹氏]]、[[藤原秀郷]]流[[足利氏 (藤原氏)|藤姓足利氏]]・[[小山氏]]・[[結城氏]]・[[佐野氏]]・皆川氏らはこの地域の領有権を巡って抗争した。[[下野国|下野]][[国司]]で[[宇都宮二荒山神社]]座主と[[輪王寺|日光山]][[検校]]職を兼務した[[藤原北家]][[藤原道兼|道兼]]流で[[下野宇都宮氏#下毛野氏|下毛野氏]]ないし中原氏の流れを汲む[[宇都宮氏]]は終始中央政権体制として下野国内の抗争の鎮静にあたった。<br>
 
[[鎌倉時代]]には[[鎌倉幕府]]の有力御家人となった[[小山氏]]が治め、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]には[[足利尊氏]]の意向を受けた[[国司]]の[[宇都宮氏]]が掌握したが、[[室町幕府]]が[[鎌倉府]]を設置すると[[関東管領]]・[[上杉氏]]の統治下に入った。[[鎌倉公方]]の[[足利成氏]]が台頭し[[古河城|古河]]に移って[[古河公方]]を称すると領主たちはこれに従属した。[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]に入って[[後北条氏]]が台頭すると、この地域は中央政府方(上杉氏、佐竹氏、宇都宮氏等)と後北条方(足利氏、小山氏、結城氏等)が拮抗する主戦場となり、最終的に後北条氏が勢力下に置いた。[[豊臣秀吉]]が後北条氏を破ると結城氏が代わって治めた。その後結城氏は領地換えになり、[[江戸時代]]は時の中央勢力から派遣された者が代わる代わる統治した。
匿名利用者