「阿部一二三」の版間の差分

環境依存文字、ブルー柔道衣など
(→‎社会人時代: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(環境依存文字、ブルー柔道衣など)
| 没年月日 =
| 愛称 =  
| 身長 = 167 cm
| 体重 =
| 性別 = 男
| 階級 = 66 kg
| 所属 = [[パーク24]]
| 段位 = 四段
{{MedalGold|[[グランドスラム・大阪2019|2019 大阪]]|66 kg級}}
{{MedalGold|[[グランドスラム・デュッセルドルフ2020|2020 デュッセルドルフ]]|66 kg級}}
{{MedalSilver|[[グランドスラム・大阪2018|2018 大阪]]|66 kg級}}
{{MedalCompetition|[[世界ジュニア柔道選手権大会|世界ジュニア]]}}
{{MedalSilver|[[2014年世界ジュニア柔道選手権大会|2014 フォートローダーデール]]|66 kg級}}
|更新日時= 2016年8月19日
}}
'''阿部 一二三'''(あべ ひふみ、[[1997年]]〈平成9年〉[[8月9日]] - )は、[[兵庫県]][[神戸市]]出身の[[日本]]の[[柔道家]]。階級は66 kg級。身長167 cm。血液型はO型。組み手は右組み。得意技は[[背負投]]、[[袖釣込腰]]。柔道四段を取得。[[日本体育大学|日体大]]に在学<ref name="名鑑">「柔道全日本強化選手名鑑 2020」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、2020年4月号</ref><ref name="中学校大会">[http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/0005359474.shtml オール一本、再び全国制す 神戸生田中の阿部選手]</ref><ref>{{Cite web |url =http://kodokanjudoinstitute.org/news/2017/09/epost-146/|title =阿部一二三選手 特別昇段|publisher = [[講道館]]|accessdate = 2017-12-28 }}</ref>。憧れの柔道家はオリンピックの60 kg級で3連覇を果たした[[野村忠宏]]<ref name="アスリート">[http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20120610ddlk28050271000c.html アスリート:柔道・阿部一二三選手 練習量は誰にも負けない /兵庫]</ref>。兄が一人おり、3歳年下の妹である[[阿部詩]]も52 kg級で活躍している。2018年の[[2018年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では兄妹同時に世界チャンピオンとなった<ref name="近代柔道">「解体新書 阿部一二三」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、2015年2月号</ref><ref name="世界柔道">[https://www.sanspo.com/sports/news/20180921/jud18092123260009-n1.html 阿部兄妹が初の同時V!一二三「2連覇より兄妹での優勝が目標だった」 世界柔道] [[サンケイスポーツ]] 2018年9月21日</ref>。
 
==経歴==
 
=== 高校2年 ===
2年になると、4月の全日本カデで2連覇を果たした。8月の[[全国高等学校総合体育大会柔道競技大会|インターハイ]]では6試合全てを一本勝ちして優勝を飾った。今大会での圧倒的な勝利に全日本代表監督の[[井上康生]]は「高校生(のレベル)を凌駕している」、代表コーチの[[鈴木桂治]]も「ちょっと半端じゃない勝ちっぷり」と称賛した<ref>[http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2014080402000111.html 阿部、五輪へ続く一本道 完全制覇、超高校級] [[東京新聞]] 2014年8月4日</ref><ref>[http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/08/04/kiji/K20140804008683690.html 柔道:リオへ新星 男子66キロ阿部オール一本V] [[スポーツニッポン]] 2014年8月4日</ref>。続く[[南京ユースオリンピック|ユースオリンピック]]ではオール一本勝ちで優勝を成し遂げた<ref>[http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/08/18/kiji/K20140818008766510.html 男子66キロ級阿部がオール1本で大会金1号] [[スポーツニッポン]] 2014年8月18日</ref>。9月の[[全日本ジュニア柔道体重別選手権大会|全日本ジュニア]]でも優勝を遂げた<ref>[http://www.sanspo.com/sports/news/20140913/jud14091320180003-n1.html 阿部、男子66キロ級優勝「リオ五輪も視野に入れている」/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2014年9月13日</ref>。10月の[[2014年世界ジュニア柔道選手権大会|世界ジュニア]]では初戦で前年の60 kg級で優勝した韓国の[[アン・バウル]]を指導1で破るなどして決勝まで進むと、3歳年上であるロシアのエゴール・ムグドシャンと対戦して先に技ありと有効を取って大きくリードしながらも、終盤に技ありを立て続けに取られて合技での逆転負けを喫して2位に終わった<ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014102400301 玉置が優勝=柔道世界ジュニア] [[時事通信]] 2014年10月24日</ref><ref>[http://www.worldjudoday.com/en/IJF-News-136-Junior-World-Championships-Fort-Lauderdale-2014-DAY-2-322.html Junior World Championships, Fort Lauderdale 2014 DAY 2]</ref>。団体戦では決勝のグルジア戦を始め、全試合に勝利してチームの優勝に貢献した<ref>[http://www.sankei.com/sports/news/141027/spo1410270052-n1.html 世界ジュニア 日本が男女とも団体V] [[産経新聞]] 2014年10月27日</ref><ref>[http://www.worldjudoday.com/en/IJF-News-139-Junior-World-Championships-Fort-Lauderdale-2014-DAY-5-325.html Junior World Championships, Fort Lauderdale 2014 DAY 5]</ref>。11月の[[講道館杯全日本柔道体重別選手権大会|講道館杯]]では決勝で[[日本体育大学|日体大]]2年の西山祐貴を技ありで破り、[[石井慧]]以来10年ぶり4人目の高校生での優勝を成し遂げた(高校2年での優勝は史上初)<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20141108-OYT1T50077.html 阿部一二三、初V…柔道講道館杯男子66キロ級] [[読売新聞]] 2014年11月8日</ref><ref>[http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/11/08/0007486481.shtml 講道館杯 阿部が10年ぶり高校生V] [[デイリースポーツ]] 2014年11月8日</ref>。12月の[[グランドスラム・東京2014|グランドスラム・東京]]では準々決勝で世界選手権3位であるウクライナの[[ゲオルグリー・ザンタラヤ]]を技ありで破ると、準決勝では世界選手権を3連覇している[[パーク24]]の[[海老沼匡]]と対戦して、先に有効を取られるも終盤に技ありを取り返して優勢勝ちを収める金星を挙げた。決勝でもイスラエルの[[ゴラン・ポラック]]を有効で破り、男子では史上最年少となる17歳118日にして[[グランドスラム (柔道)|グランドスラム]]大会を制覇することになった。優勝インタビューで阿部は「うれしいです。準決勝は一番やりたかった世界チャンピオンの海老沼さんに勝てて自信になりました。(きょうの柔道に点数を付けると)100点ですね」と語った<ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2014120500824 17歳阿部が初優勝=近藤は浅見破り連覇-柔道GS東京] [[時事通信]] 2014年12月5日</ref><ref>[http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20141205-OHT1T50187.html 【柔道】17歳一二三「100点です」グランドスラム初V] [[スポーツ報知]] 2014年12月5日</ref>。かくの如き活躍に対して阿部は、小学生時代から教わっていた気心の知れた指導者のいる地元の神港学園高校へ進学したからこそこれだけの成績を残せたと語っている。また、筋肉が硬くなってケガをしやすくなるとの理由から[[ウェイトトレーニング]]は行わず、柔道に必要な筋力は普段の練習で身に付けているという<ref name="近代柔道"/>。2015年2月には[[グランプリ・デュッセルドルフ]]に出場するが、3回戦で2014年のアジア大会で優勝したモンゴルの[[ダワードルジ・トゥムルフレグ]]に技ありで敗れた<ref>[http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/02/20/kiji/K20150220009846630.html 17歳阿部は3回戦敗退 柔道のドイツGP] [[スポーツニッポン]] 2015年2月20日</ref>。
 
=== 高校3年 ===
 
=== 大学3年 ===
3年の時には、4月の体重別はすでに世界選手権代表が内定していたために出場しなかった。大会後、世界選手権代表が正式に決まった<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20180408-OYT1T50094.html 柔道世界代表12人発表…全日本後に全員を決定] [[読売新聞]] 2018年4月8日</ref>。なお、妹の阿部詩も世界選手権52 kg級代表に選ばれた。過去に兄弟での世界選手権同時出場はあったが、兄妹での同時出場は史上初となる<ref>[https://www.daily.co.jp/general/2018/04/22/0011188426.shtml 17歳・阿部詩が世界選手権初の代表入り 兄・一二三ときょうだい代表] [[デイリースポーツ]] 2018年4月22日</ref>。一方、野村忠宏が設立した「Nextend(ネクステンド)」とマネジメント契約を結んだ。大学在学時にマネジメント業務を委託した初めての柔道選手ともなった<ref>[https://www.nikkansports.com/sports/news/201804110000935.html 阿部一二三が野村忠宏氏設立会社とマネジメント契約 - 柔道] [[日刊スポーツ]] 2018年4月15日</ref>。7月の[[グランプリ・リエカ|グランプリ・ザグレブ]]では準々決勝でモンゴルの[[ドフドン・アルタンスフ]]に開始早々の[[肩車 (柔道)|肩車]]で敗れるも、その後敗者復活戦を勝ち上がって3位になった。なおこれにより、2015年10月の[[グランプリ・タシュケント]]初戦に勝利して以来続いてきた国際大会での連勝記録が34で止まった。また、2015年7月のGPウランバートル決勝でダワードルジに敗れて以来続いてきた対外国選手の連勝記録は29でストップした。試合後には、「これが世界選手権じゃなくてよかった。まだまだ強くなる。世界選手権で最高のパフォーマンスができる」とコメントした<ref>[https://www.daily.co.jp/general/2018/07/27/0011487421.shtml 阿部一二三、国際大会で3年ぶり黒星] [[デイリースポーツ]] 2018年7月27日</ref><ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20180728/jud18072805020001-n1.html 阿部一二三、3年ぶり黒星も敗者復活から「銅」…連勝「34」でストップ/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2018年7月28日</ref><ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1078159/ 阿部一二三 敗戦を糧に「まだまだ強くなる」世界選手権へ気持ち新た] [[東京スポーツ]] 2018年7月29日</ref>。今大会では低い姿勢から繰り出される肩車や[[横落]]に反応しきれなかったために、その点の課題克服にも取り組むことになった<ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1078903/ 【柔道】阿部一二三 国際大会3年ぶり黒星で見えたエースの課題] [[東京スポーツ]] 2018年7月31日</ref>。9月にはJOCとシンボルアスリートの契約を結んだ<ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20180918/oly18091820280006-n1.html JOC、シンボルアスリートとして柔道一二三と契約] [[サンケイスポーツ]] 2018年9月18日</ref>。[[2018年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では準々決勝でザンタラヤを合技、準決勝ではアン・バウルをGSに入ってから技ありでそれぞれ破った。決勝ではカザフスタンの[[エルラン・セリクジャノフ]]を内股で破って2連覇を達成した。妹の詩も優勝したことから、史上初の兄妹同時優勝となった。試合後のインタビューでは次のように語った。「自分は一本を取る柔道だが、状況に合わせて勝ち切れた。一つの成長だと思う。2連覇をすること以上に兄妹での優勝が目標だった。記録をつくれて良かった。妹が先に優勝し、より覚悟を持って決勝に臨めた」「東京五輪も同じ日に(試合が)あると思う。五輪できょうだい優勝したい思いが、より強くなった」。一方、IJFの実況も務める元世界チャンピオンの[[ニール・アダムス (柔道)|ニール・アダムス]]は、「間違いなく最高のテクニシャンであることを証明した。すべての柔道家が見習う手本だ」と阿部を称賛した<ref name="世界柔道"/><ref>[https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20180921-OYT1T50136.html 阿部一二三が連覇、妹の詩は初優勝…世界柔道] [[読売新聞]] 2018年9月21日</ref><ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20180922/jud18092200280001-n1.html【一問一答】阿部兄妹、同時V東京五輪での再現誓う 詩「お兄ちゃんの優勝もうれしかった」/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2018年9月22日</ref><ref>[http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/180923/spo18092310270036-n1.html 一二三はすべての柔道家の手本 国際柔道連盟の公式サイトで特集] [[産経新聞]] 2018年9月23日</ref>。なお、今大会で兄妹優勝したことにより、52 kg級の妹と同時に世界ランキング1位になった<ref>[http://www.sankei.com/sports/news/180928/spo1809280002-n1.html 阿部一二三・詩兄妹、世界1位に 最新ランキング発表] [[産経新聞]] 2018年9月28日</ref>。10月の[[全日本学生柔道体重別団体優勝大会|体重別団体]]では準々決勝と準決勝で貴重な一本勝ちを収めてチームを決勝へ押し上げると、[[筑波大学]]戦では[[田川兼三]]と引き分けたものの、2勝2分の成績でチームの初優勝に貢献した<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00309_R21C18A0000000/ 男子は日体大、女子は龍谷大が初V 全日本学生団体柔道] [[日本経済新聞]] 2018年10月21日</ref><ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20181021/jud18102120080007-n1.html 阿部一二三、日体大の仲間に感謝「いつも助けてもらっている」/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2018年10月21日</ref>。11月の[[グランドスラム・大阪2018|グランドスラム・大阪]]では準決勝まで全て一本勝ちするも、決勝では丸山にGSに入ってから巴投げで技ありを取られて2位に終わった。これにより、昨年に続く[[2019年世界柔道選手権大会|世界選手権]]代表内定はならなかった<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50341_T21C18A1000000/ 阿部詩が優勝、兄の一二三はV逃す 柔道GS大阪大会] [[日本経済新聞]] 2018年11月23日</ref>。なお、2年連続で世界ランキングの年間1位となり、1万ドルがIJFから授与された<ref>[https://www.judoinside.com/news/3086/Major_changes_in_the_World_Ranking_if_bonus_beckons Major changes in the World Ranking if bonus beckons]</ref><ref>[https://www.ijf.org/news/show/prize-money-bonus-for-year-end-leaders Prize money bonus for year-end leaders]</ref>。2019年2月の[[グランドスラム・パリ2019|グランドスラム・パリ]]を前に今年は負けなしでいきたいと語っていたが、その初戦で世界ジュニアチャンピオンであるイタリアの[[マヌエル・ロンバルド]]に肩車で技ありを2つ取られて一本負けを喫した。なお、ロンバルドはイタリア代表チームの[[ゼネラルマネージャー]]である[[村上清 (柔道)|村上清]]が秘密兵器と考えていた選手だった。試合後には、「思っていた以上に相手が研究してきている。自分の技が全然かからない」「もう負けは許されない。もっと強くならないといけない」とコメントした<ref>[https://www.daily.co.jp/general/2019/02/09/0012052415.shtml 阿部一二三がまさか…海外では自身初の初戦敗退 柔道グランドスラム・パリ大会] [[デイリースポーツ]] 2019年2月9日</ref><ref>[https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20190209-OHT1T50308.html 阿部一二三が初戦一本負けで敗退「自分の柔道ができなかった」GSパリ大会] [[スポーツ報知]] 2019年2月9日</ref><ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1277803/ 【柔道GSパリ大会】阿部一二三を負かした男はイタリアの秘密兵器] [[東京スポーツ]] 2019年2月12日</ref>。
 
=== 大学4年 ===
 
=== 社会人時代 ===
4月からは[[パーク24]]の所属となった<ref name="名鑑"/>。体重別では[[2020年東京オリンピックの柔道競技|東京オリンピック]]代表をかけて丸山と最終決戦になるはずだったが、[[新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年-)|新型コロナウイルス]]の影響によりオリンピック自体が1年延期されるとともに、今大会も延期される事態となった<ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20200327/jud20032716020003-n1.html 丸山対一二三は延期/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2020年3月27日</ref>。5月に[[全柔連]]は常務理事会と強化委員会を開いて、1年延期になった東京オリンピックでは唯一代表が決まっていない66 kg級の代表選考方式に関して、結論を先送りすることを確認した。場合によっては来年の選抜体重別まで選考が延期される可能性も示唆された<ref>[https://www.sanspo.com/sports/news/20200515/jud20051517430001-n1.html 大野将平、阿部詩ら男女13人の東京五輪代表権維持/柔道] [[サンケイスポーツ]] 2020年5月15日</ref><ref>[https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/judo/news/202005150000937.html 丸山と阿部一二三が争う選考は来春以降の可能性も - 柔道 - 東京オリンピック2020] [[日刊スポーツ]] 2020年5月15日</ref>。その後、12月に開催予定の[[グランドスラム・東京]]が代表決定の最終選考になることが決まったものの、今大会もコロナウイルスの影響で中止となったため、同月13日に異例となる丸山とのワンマッチにより代表決定を行う方針となった<ref>[https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070201098 66キロ級代表選考は12月で調整 丸山と阿部一、GS東京で―柔道男子] [[時事通信]] 2020年7月2日</ref>。[[2020年]]10月の[[講道館杯]]60 kg級決勝戦での審判団の判断ミスを受け、[[ブルー柔道衣]]が採用される模様となった<ref>{{Cite journalweb|和書 |journal=[[近代柔道]]|last=people |first=|url= |author= |datetitle =2020-11-22|title=66kg級日本代表決定戦情報【柔道】「丸山城志郎 VS 阿部一二三」もブルー柔道着を導入 講道館杯の誤審騒動で再発防止へ | medium =| publisher =[[ベー東京ル・マガジン社]]|volumewebsite=42 |issue=12東スポWeb|location =|page=34|id date =2020-12-03 |isbn= url =https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/judo/2473860/|quoteaccessdate= 2020-12-06}}</ref>。全柔連主催の国内試合では初となる。
 
== 世界ランキング ==