「軌間可変」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
1992年に開業した[[AVE]]の高速新線では1,435mm軌間を採用したため、高速新線と在来線が連絡する地点にも軌間変換設備が設置されている<ref>{{Cite web |author=さかい もとみ |website=東洋経済オンライン |date=2017-06-16 |url=http://toyokeizai.net/articles/-/175844 |title=フリーゲージ列車がスペインで成功したワケ |publisher=[[東洋経済新報社]] |accessdate=2019年2月10日|archiveurl=https://web.archive.org/web/20170616051617/http://toyokeizai.net/articles/-/175844 |archivedate=2017-06-16}}</ref>。
 
===モンゴル・ 中国 ===
[[中華人民共和国]]では2017年5月に開催した「[[一帯一路]]」の会議で、[[モンゴル]]や[[ロシア]]など近隣諸国に直通できる最高時速400kmの軌間可変式高速車両を開発すると発表しており、2020年11月には[[中国中車長春軌道客車|CRRC長春]]が完成したプロトタイプの車両を公開し<ref>{{Cite web |author= |website=新華網 |date=2020-10-22 |url=http://www.xinhuanet.com/english/2020-10/22/c_139458747.htm |title=China develops high-speed train to run on different rail systems |publisher=[[新華社]] |accessdate=2020年12月06日}}</ref><ref>{{Cite web |author=橋爪 智之 |website=東洋経済オンライン |date=2020-11-15 |url=https://toyokeizai.net/articles/-/388629 |title=中国製「フリーゲージトレイン」は"本物"なのか |publisher=[[東洋経済新報社]] |accessdate=2020年12月06日}}</ref>、世界の9割の鉄道網で走行が可能と発表した<ref>{{Cite web |author= |website=[[チャイナデイリー]] |date=2020-10-23 |url=http://www.xinhuanet.com/english/2020-10/22/c_139458747.htm |title=New type of train adapts to different gauge tracks|accessdate=2020年12月06日}}</ref>。また、2022年までの営業運転開始を目指すともしている。
 
===ロシア・北欧===
[[ロシア]]・[[フィンランド]]の1520mm・1524mmと[[スウェーデン]]の1435mmとの間で軌間変換をするために、タルゴ方式でスウェーデンの[[ハパランダ]]に軌間変換装置を備えて試験を行ったことがある。また、[[モスクワ]]のロシア連邦鉄道省(当時)の施設でも試験が行われた。
 
=== カザフスタン・中国 ===
[[カザフスタン]]の1520mmと[[中国]]の1435mmとの間で軌間変換をするために、[[カザフスタン鉄道]]Kazakhstan Temir Zholy (KTZ)はタルゴの軌間可変車両を導入した。しかしながら、カザフスタンでは2006年より標準軌への改軌や新線建設の計画が進み、4年ほどで建設が終わるとされている。一方中国では2017年5月に開催した「一帯一路」の会議で、軌間可変装置を搭載した最高時速400kmの車両を開発すると発表しており、2020年11月には[[中国中車長春軌道客車|CRRC長春]]が軌間可変式車両の試作機を公開した。2022年までの営業運転開始を目指すとしている<ref>[https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/toyokeizai/20201115-SYT8T1627529/ 中国製「フリーゲージトレイン」は”本物”なのか]</ref>
 
=== 日本 ===
: 1995年より[[ドイツ鉄道]]と[[Rafil]]が貨物輸送用にDBAG/Rafil TypeVを開発し、2006年年末には完了する見込みである<ref>[http://www.rmtbristol.org.uk/2006/08/gauge_change_technology_hopes.html Gauge change technology hopes to overcome European differences]</ref>。
 
<!-- 台車交換なので除外
===モンゴル・中国===
[[モンゴル]]の1524mmと[[中国]]の1435mmとの間で直通列車運行を可能にするために使われている。
-->
==脚注==
<references/>