「高槻中学校・高等学校」の版間の差分

戦前、当時の高槻町にはすでに[[JR京都線|東海道線]]と新京阪線(現:[[阪急京都本線]])が通り、ホワイトカラーが多く住んでいた住宅地である<ref name="lucky"/>。
 
中学校設置を求める島上地域の父母からの強い教育要望を受け、大阪高等医学専門学校(現:[[大阪医科大学]])理事長[[藤堂献三]]は1940年10月、[[京阪電気鉄道]]や地元の名士など多数の有志の協力を得て、三島郡[[高槻市|高槻町]][[大字]]西天川(現在地)に(旧制)「高槻中学校」を創設した。
 
創立の1940年(昭和15年)当時、初代校長には当時[[灘中学校・高等学校|灘中学校]]教頭であった吉川昇を迎え、翌年4月、磐手尋常小学校(現:[[高槻市立磐手小学校]])の校舎の一部を借用し、学舎として歩み始めた。吉川は、校訓として「真面目に、強く、上品に」を提唱し、旧制中学校時代からの進学校の良さと個性重視の教育を伝統として受け継ぎ、私立進学校としてその地歩を固めてきた。