「長谷部言人」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox 学者
|名前=長谷部言人
|画像=
|画像サイズ=
|画像代替説明=
|画像説明=
|全名=
|別名=
|誕生名=
|生年月日={{生年月日と年齢|1882|06|10|no}}
|生誕地=[[東京市]][[麹町区]]、現[[東京都]][[千代田区]]
|没年月日={{死亡年月日と没年齢|1882|06|10|1969|12|03}}
|死没地=
|死因=
|居住=
|市民権=
|国籍=日本
|出身校=[[東京帝国大学]]
|配偶者=
|両親=
|子供=
|時代=
|活動地域=
|学派=
|研究分野=[[人類学]]、[[解剖学]]、[[考古学]]
|研究機関=
|博士課程指導教員=
|他の指導教員=
|博士課程指導学生=
|主な指導学生=
|学位=東京大学[[理学博士]]
|称号=東北大名誉教授
|特筆すべき概念=
|主な業績=円筒土器文化論
|主要な作品=
|影響を受けた人物=
|影響を与えた人物=
|学会=[[日本人類学会]]、[[日本学士院]]
|主な受賞歴=
|署名=
|公式サイト=
|脚注=
}}
 
'''長谷部 言人'''(はせべ ことんど、[[1882年]][[6月10日]] - [[1969年]][[12月3日]])は、[[日本]]の[[人類学]]者、[[解剖学]]者。[[日本学士院]]会員。[[東京市]][[麹町区]](現・[[東京都]][[千代田区]])出身。
 
*[[1943年]] 定年退職
*[[1944年]] 東北大名誉教授となる。
*[[1946年]] 東京大学 [[理学博士]] 「石器時代日本犬(邦文、英文)」。<ref>博士論文書誌データベース</ref>
*[[1951年]] - 1968年 [[日本人類学会]]会長をつとめる。
*[[1953年]] [[日本学士院]]会員となる。
 
== 円筒土器文化論 ==
[[1925年]][[山内清男]]を助手に迎えて[[大洞貝塚]]を発掘調査し、さらに[[青森県]][[八戸市]][[一王寺貝塚]]を調査して、山内が調査した[[青森県]][[北津軽郡]]市浦村[[オセドウ貝塚]]出土の[[土器]]の様相を総合し、人類学雑誌42-1([[1927年]])の論文で「陸奥・羽後・北海道の[[石器時代]][[遺跡]]から出土する[[円筒土器]]によって代表される文化の担い手を、短頭に近い頭形をもち、関東人に比べてやや高身長である現代奥羽人の祖先とみなし、石器時代人を同地域に居住する現代人の直接の先祖である」という考えを固めるにいたり、日本人および[[アイヌ]]が石器時代人と、それぞれ異なる民族との混血により生じたとする当時の清野説に疑問を投じている。
 
== 著書 ==