「中津競馬場」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
折しも[[佐賀競馬場]]・[[荒尾競馬場]]との3場で、独自の競走格付け「[[競馬の競走格付け#地方競馬の各主催者が定める格付け|九州グレード]](KG)」を導入するなど相互の連携を強めていた矢先の出来事であった。また当時のリーディング上位常連騎手[[有馬澄男]]([[園田競馬場|園田]]へ移籍)、人気女性騎手の[[小田部雪]](荒尾へ移籍)といった、一部の競走馬・関係者の移籍受け入れが行われるなど前述の2競馬場以外にも少なからず影響を及ぼした。
 
中津競馬場の跡地には公園の造成が計画されていたが、工費は中津競馬の累積赤字を遥かに上回る40億円規模とされていた。<ref>[{{Wayback |url= http://www.kochinews.co.jp/rensai03/keiba38.htm |title=「高知競馬」という仕事 =第3部= 夢の跡流浪記【13】 公園化に40億円 ――関係者「やっぱり、やりきれんです…」(高知新聞)]|date=20120315140858}}</ref>
 
結局競馬場の跡地には、[[大貞公園]]や[[ダイハツ工業|ダイハツ]]九州アリーナ([[中津市総合体育館]])などが整備・建設され、現在競馬場の痕跡は、市内の[[ショッピングセンター]]・[[ゆめタウン中津]]内に設けられていた場外馬券売場「ドリームなかつ」が[[佐賀競馬場]]の場外馬券売場として残っているのみである。
135

回編集