「トゥパック・ワルパ」の版間の差分

内容追加
(内容追加)
'''トゥパック・ワルパ'''({{lang-en-short|Tupac Huallpa}}、{{lang-qu|Tupaq Wallpa}}=幸福で高貴な者、1510年頃 -[[1533年]]、在位:[[1533年]])は、名目上[[インカ帝国]]の14代[[インカ皇帝|皇帝]]。父は11代皇帝[[ワイナ・カパック]](''Huayna Capac'')。兄に12代[[ワスカル]](''Huascar'')、13代[[アタワルパ]](''Atahualpa'')、弟に15代[[マンコ・インカ・ユパンキ]](''Manku Inka Yupanki'')がいる。ただし一説によると、マンコ・インカ・ユパンキはワイナ・カパックの子ではなく下級貴族出身ともいう。
 
[[ペルー]]の[[スペイン]]征服期において[[コンキスタドール]]の[[フランシスコ・ピサロ]]によって擁立された、傀儡インカ皇帝である。実質的に最後の皇帝であった[[アタワルパ]]の死後、スペインの征服者たちは、現地人にインカによる統治がまだ続いていると思わせるため、傀儡としてトゥパック・ワルパをインカの支配者に任命し、荘厳な承認式を挙げ即位させた。彼と彼の親族は、スペイン人が彼を利用してペルーを統治し、彼の国の金銀財宝を収奪していることを知らなかった。
 
即位後間もない1533年、[[ハウハ]]において、[[天然痘]]により死亡した。そのため、歴代インカ皇帝に入れない見解もある。
 
子女・子孫
 
トゥパック・ワルパは5人の子の父親となった。子女の中で特に有名なのが、娘[[チンプ・オクリョ]](1523年 - 1571年)である。彼女はスペイン人の征服者[[カピタン・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ]](1507年 - 1559年)と結婚し、『インカ皇統記』の著者・インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ(幼名はゴメス・スワレス・デ・フィゲローア。1539年4月12日 - 1616年4月23日)を儲けた。トゥパック・ワルパの孫である。インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガの息子にディエゴ・デ・バルガス(1590年 - ?)がおり、トゥパック・ワルパの曾孫にあたる。
 
トゥパック・ワルパの他の4人の子もそれぞれ子孫を残している。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者