「院長」の版間の差分

 
* '''Chancellor''' 学術機関において総長と訳される。ドイツ・オーストリアでは[[首相]]の意味もある(イギリス・日本におけるPrime Minister)。
* '''Chief''' 大審院長(Chief of Justice of Daishin-in)で使用されるが、Chief は[[長官]]にもあたる。
* '''General''' 日本では[[検事総長]](Prosecutor General)、アメリカ合衆国では司法長官(Attorney General)などに使用される。[[軍隊の階級]]においては「将」(少将の意味となり大将元帥(Marchal)とは異ど)の意
* '''Marchal''' [[軍隊の階級]]における元帥。
*'''President''' 会計検査院長(President of Board of Audit)、[[病院]]の院長、会社の[[社長]]などに使用される。