「国家の承認」の版間の差分

(→‎概説: リライト)
(→‎国家要件と承認の関連: 悪文をリライト)
==国家要件と承認の関連==
{{see also|国家の資格要件}}
国家として承認するには、まず「国家の要件(必要な条件)」が満たされている必要がある。まず「永続的住民」「明確な領域」「政府」という国家の3要件が満たされていないと、そもそも承認を検討する段階に達していないと判断されることになる。国際法的な判断としてはこれが最も大切である。
 
加えて、各国政府がある政府を承認するかどうか判断するにあたっては、その国が国家の要件を満たしているかどうかということだけでなく、それに加えて様々な他の条件も加味して検討し、決定されることになる。「新国家が国家としての要件を満たしているかどうか」という判断に基づいて機械的にだけで国家の承認が行われたり行われなかったりを判断するわけではなく、承認する側の国家の内政的事情によって承認が行われるかどうかが決められることが多い。
 
まず「国家の要件を満たしているかどうか」が大きな要素であることは間違いない。国際法的な判断としてはそれが最も大切である。ただし、実務的な次元で、現実世界の個々の政府が特定の国家を承認するかしないかという判断に関しては、さまざまな判断が働いている。
 
== 主権の発生と承認の関係 ==
匿名利用者