「本線 (青森市営バス)」の版間の差分

 
== 沿革 ==
 本線に相当する路線は篠原自動車部が青森市内でバス事業を始めたことの時代から運されている。最初は国道回り、大町回りの2つの系統であった。その後、青森市による運行に変わり、次いで東側の発着点が[[浪打駅]]前、次いでさらに八重田営業所(のちの東部営業所前)に変更され、路線もその分延長された。1969(昭和44)年頃から「市内線」と呼ばれるようになり、市内線を構成する系統の数の大幅に増やされた。しかし、次第に運転便数が減少していき、市内中心部での路線の統廃合が議論されるようになり、1992(平成4)年から「本町経由」「うとう橋経由」「石森橋経由」の3系統が統合され、「青柳経由」とされた。
 1969(昭和44)年頃から「市内線」と呼ばれるようになり、市内線を構成する系統の数の大幅に増やされた。しかし、次第に運転便数が減少していき、市内中心部での路線の統廃合が議論されるようになった。1992(平成4)年からは「本町経由」「うとう橋経由」「石森橋経由」の3系統が統合され、「青柳経由」とされた。
 
* [[1924年]] - 篠原自動車部が青森駅前〜合浦公園前間で運行を開始。
* 1932(昭和7)年8月15日 - 浜町線が運行開始。
* 1933(昭和8年)年5月13日 - 浦町駅前から「廃線路通」(旧線路通り)を経由し、国道旭町角までの路線が開通する<REF>鉄道省編『全国乗合自動車総覧』1934年</ref>。後の山の手線、'''山の手経由'''市内線に相当する。<ref>ウェブページのなかには、山の手線開業を大正15(1926)年とするものもあるが、旧線路通りが青森市に払い下げられるのは昭和2(1927)年のことであるので、旧線路通りを経由する後の山の手線とは違う経路のものであると考えられる。</ref>
* 1958(昭和33)年9月8日 - 寺町線が運行開始<ref>『青森市史』第6巻 政治編 820頁。かつての寺町とは、現在の本町一丁目と二丁目の境界をなす道路の両脇であったので、その道路を経由した路線であったと考えられる。但し、この頃、うとう橋の開通は1967(昭和42)年春なので、後のうとう橋経由市内線とは別の経路であったはずである。</ref>。
* 1962年〜1964年 - この間に茶屋町線・南栄町線が新設されたものとみられる。なお、南栄町経由は東部営業所発着ではなく、青森駅-古川-堤橋-木工指導所前(後に甲田橋)-南栄町(後に花園町)-明の星高校前であり、東部営業所まで乗り入れない便もあった(後の'''甲田橋'''経由市内線)。
* 1969年 - 次のように名称が変更される(この時点ですでに「茶屋町経由」系統は廃止されている)。
** 本線 → '''市内線'''
** 大町経由 → '''本町経由'''
** 浜町経由 → '''安方経由'''
** 寺町経由 → '''うとう橋経由'''
* 後に「安方経由」は廃止。'''石森橋経由'''が新設される。
* 1974年 - このころ、市内線に以下のような系統番号と系統名が用いられていた。
** 1番 - 国道経由
** 6番 - 石森橋経由
** 7番 - 合浦経由
* 1977(昭和52)年5月24日 - 佃線(青森駅-橋本小学校前〈現 文化会館前〉-甲田橋-佃-南佃-合浦公園前-東部営業所)<ref>のちの南佃線。この路線はやがて[[青森市営バス東部営業所#小柳線|小柳線]]に統合される。</ref>の運行開始に伴い、途中の経路に重複がある'''甲田橋経由'''市内線(南栄町経由市内線から改称)が廃止されたとみられる。合浦経由もこのとき併せて廃止になったと考えられる。
* 1979年 - 市内線に'''新町経由'''の系統が新設される。このころ、市内線に以下のような系統番号と系統名が用いられていた。
** 1番 - 国道経由