「本線 (青森市営バス)」の版間の差分

m
== 沿革 ==
 本線に相当する路線は篠原自動車部の時代から運転されていた。その後、青森市による運行に変わり、次いで東側の発着点が[[浪打駅]]前、さらに八重田営業所(のちの東部営業所前)に変更され、路線もその分延長された。
 
 1969(昭和44)年頃から「市内線」と呼ばれるようになり、市内線を構成する系統の数大幅に増やされた。しかし、次第に運転便数が減少していき、市内中心部での路線の統廃合が議論されるようになった。1992(平成4)年からは「本町経由」「うとう橋経由」「石森橋経由」の3系統が統合され、「青柳経由」とされた。
 
* [[1924年]] - 篠原自動車部が青森駅前〜合浦公園前間で運行を開始。