「フォーティナイナーズ」の版間の差分

m
仮リンク設置
(出典追加、加筆、画像変更)
m (仮リンク設置)
# フォーティナイナーズの到来は、カリフォルニアが早くも[[1850年]]に[[アメリカ合衆国の地方行政区画|州]]に昇格する原因の一つとなった<ref name="moriwaki112" /><ref name="takenaka90" />。カリフォルニアの人口急増は、州への昇格をめぐって南部と北部の対立に拍車をかけることとなった<ref name="moriwaki112" /><ref name="takenaka90" /><ref name="shimizu162" />。それは半面、当時の自由州15、奴隷州15という上院における南北間のバランスを突き崩す問題だったからである<ref name="moriwaki112" /><ref name="takenaka90" />。カリフォルニアは北部からの移住者が多かったことから、自由州として昇格することを希望した<ref name="moriwaki112" />。しかし、当面は新たな奴隷州昇格の見込みはなかった<ref name="moriwaki112" />。激しい論争の結果、熟達の政治家[[ヘンリー・クレイ]]らを中心にカリフォルニアが[[自由州]]として[[アメリカ合衆国|連邦]]に加入するかわりに、北部諸州にはよりきびしい奴隷逃亡取締法を施行するという「[[1850年の妥協]]」が成立した<ref name="moriwaki112" /><ref name="takenaka90" /><ref name="shimizu162">[[#清水|清水(1999)pp.162-164]]</ref>。この妥協はやがて紛糾の度合いをむしろ増大させ、のちの[[南北戦争]]の伏線となった<ref name="shimizu162" />。
# [[ゴールドラッシュ]]はカリフォルニアから西部各地に飛び火し、[[フロンティア]]ラインは西から東へと進むこととなり、アメリカは大西洋から太平洋にまたがる大陸国家へと変貌し<ref name="moriwaki112" /><ref name="shimizu155">[[#清水|清水(1999)pp.155-156]]</ref>、[[大陸横断鉄道]]の完成を促した<ref name="takenaka90" />。人口数百人だったサンフランシスコは金の搬出港となって活況を呈した<ref name="moriwaki112" />。
# フォーティナイナーズは、白人の[[アメリカ合衆国領土の変遷|西漸運動]](東部の大西洋岸から西方地域への拡張・開拓・移住の運動)をいっそう加速し、[[平等]]指向とフロンティア・スピリットを特質とする西部社会の形成に重要な役割を果たしたが、依然として[[ネイティブ・アメリカン]]([[アメリカ・インディアン]])への圧迫はつづき、やがて彼らは以前にも増して追いつめられていった<ref name="mcnab243>[[#マクナブ|マクナブ(2010)pp.243-254]]</ref>{{refnest|group="注釈"|ゴールド・ラッシュ時にカリフォルニアで殺害された先住民は10万人におよぶといわれている<ref name="mcnab243" />。また、[[ショショーニ族]]は1840年代以降の入植者たちが地元の食料資源を食べつくしたため深刻な飢餓にみまわれ、1862年には{{仮リンク|バノック族|en|Bannock people}}{{仮リンク|パイユート族|en|Paiute}}との同盟が成立して西部開拓者に対する軍事行動へと発展した<ref name="mcnab243" />。1872年から翌年にかけては{{仮リンク|モドック族|en|Modoc people}}による[[モードック戦争|モドック戦争]]がおこり、これは先住民による最後の戦争となった<ref name="mcnab243" />。}}。
 
== 補説 ==