「カルバニア物語」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (ch.nicovideo.jp) (Botによる編集)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (ch.nicovideo.jp) (Botによる編集))
 
== 概要 ==
[[1993年]]に徳間書店の『Noel』誌に、短編ファンタジーのシリーズの一編として掲載され、その後同じ世界観に基づいた作品が発表され徐々に連作としての形を取り始めていった。翌[[1994年]]、隔月刊漫画雑誌『[[Chara (雑誌)|Chara]]』の創刊に伴って同誌に移行し正式に『カルバニア物語』と銘打って連載が開始された<ref>『Noel』での第一作『プリンセス・トーキング』はカルバニアの隣国パーマー王国を舞台にした作品で、単行本1巻に読切作品として収録されている。</ref>。フェミニズムをテーマにし「非常に政治的に公正で、ユーモラスで、マイノリティへの配慮が行き届いている<ref>[httphttps://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar444136 いまどきエンタメ解剖教室 「TONOとよしながふみの落差。」 海燕 ニコニコチャンネル]</ref>」こと、作家が同人誌出身であるという共通項から、しばしば[[よしながふみ]]の『[[大奥 (漫画)|大奥]]』と比較されることもあるが、主にBL作品を掲載するマイナー雑誌で連載されていることや、刊行速度の遅さもあり、『大奥』ほどの知名度はない。
 
カルバニア王国の若い国王が亡くなり、急遽即位した十代の女王タニアと、父の跡を継いで初の女公爵になることを目指す男勝りな公爵令嬢エキュー・タンタロットをメインキャラに、二人が慣習や常識と奮闘しながら少しずつ女性の地位と権利を確立していく様を描く連作マンガ<ref>[http://d.hatena.ne.jp/kaien/20070915/p2 「ファンタジィは女性をどう描いてきたか。」 海燕] Something Orange</ref>。一つ一つのエピソードは比較的短い。現在の時間軸の二人のストーリーに加え、幼少期や、カルバニア王国と周辺国の関係者が主役の話もあり、現在も『[[Chara (雑誌)|Chara]]』誌で連載中である。