「サピア=ウォーフの仮説」の版間の差分

m
 
== 批判 ==
[[生成文法]]を提唱し[[ノーム・チョムスキー]]に付いて学んだとえば[[スティーブン・ピンカー|ピンカー]]は、その著書『言語を生みだす本能』(The Language Instinct) において、では(言語本能説に立ち人の思考は普遍的な心的言語で行われるものである、人は、生得的に持つルール(文法)の上に、母語の文法を習得していくのである、と考察し、サピア・ウォーフの仮説([[言語的相対論]])を批判する考察を展開し述べられている。
 
== 関連著作 ==