「ウンブリア語」の版間の差分

m
{{lang-en|Umbrian language}}、{{lang-it|Lingua umbra}}に修正。
m
m ({{lang-en|Umbrian language}}、{{lang-it|Lingua umbra}}に修正。)
[[Image:Iron Age Italy.png|thumb|250px|[[紀元前6世紀]]の[[古代イタリア地域諸言語|イタリアの言語分布]]]]
 
'''ウンブリア語'''(ウンブリアご、英語:{{lang-en|Umbrian language, イタリア語:}}、{{lang-it|Lingua umbra)umbra}})は、[[古代]]に[[イタリア半島]]の[[ウンブリア]]地方で話されていた[[言語]]。[[インドヨーロッパ語族]][[イタリック語派]][[オスク・ウンブリア語群]]に属する。[[紀元前7世紀]]から[[紀元前1世紀|1世紀]]までの[[碑文]]が約30個残っており、その中でも[[イグウィウムの青銅板]]が最も知られている。
 
ウンブリア語は、他の[[古イタリア文字]]と同様に[[エトルリア文字]]に由来しているため、右から左へ表記するのが特徴。