「利用者:Aaaa!₃.₁₄/sandbox4」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
{{半保護}}
ここはお試しページ作成ページです。いわゆる裏ページです。
=逆境指数=
'''逆境指数'''(ぎゃっきょうしすう、[[英語|米]]: '''A'''dversity '''Q'''uotient, '''AQ''')とは、 生活の中で起こる様々な逆境に直面した時に、立ち向かう個人や組織の対応力や能力を持っているのかを測定する数値である。<ref>{{Cite web|title=AQ(逆境指数)とは?IQ(知能指数)EQ(感情指数)より注目される指数 {{!}} キャリアコンサルタントドットネット|url=https://career-cc.net/adversity-quotient/|website=career-cc.net|accessdate=2020-12-17}}</ref>
==評価レベル==
AQのレベルは『CORE』という4つの要素の組み合わせによって決まる。4つの要素とは、「コントロール(Control)」「責任(Ownership)」「影響の範囲(Reach)」「持続時間(Endurance)」である。
 
AQのレベルは以下の5段階に分類される。
 
# レベル1 逃避(Escape)……逆境に立ち向かえず逃げようとする
# レベル2 サバイブ(Survive)……なんとか生き残ろうとする
# レベル3 対処(Cope)……とりあえず対処をする
# レベル4 管理(Manage)…… 逆境を最善の方法で管理し解決しようとする
# レベル5 滋養(Harness)……ピンチをチャンスに変え、逆境をもとにさらなる飛躍を目指す
 
一般的に企業や組織の経営を成功に導く経営者やリーダーには、レベル4以上のAQが求められている。よりAQが高い人材の方が成功する確率も比例して高いと言われている。
 
AQは持って生まれたものではなく、トレーニングや経験した試練の数や大きさ、乗り越えてきた経緯などによっても鍛えることができる。逆境に耐えぬく力を養うことは組織の一員としてはもちろんだが、個人としても人生の中で大いに役に立つものである。こういった考え方をベースに、AQを人事研修などで取り入れている企業も多くある。<ref>{{Cite web|title=逆境指数(AQ)とは?IQやEQと並ぶリーダーに必要不可欠な能力|url=https://mitsucari.com/blog/aq/|website=人事担当者のためのミツカリ公式ブログ|accessdate=2020-12-17|language=ja|last=mitsucari}}</ref>
 
=c/o=
*[[郵便]]
 
==出典・脚注(全ページ)==