「ライブビューイング」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{Redirect|クローズドサーキット|モータースポーツにおけるサーキットの一種|サーキット}}
'''ライブビューイング'''は、[[スポーツ]]や[[演奏会|コンサート]]、[[演劇]]などの各種文化イベントにおいて、その行われている会場からのライブ映像を全国各地の公開上映会場に向けて観客に有料でその模様を見てもらう[[イベント]]のことである。初期の頃は'''クローズドサーキット'''とも呼ばれていた。
([[宗教団体]]の衛星中継など一部例外もある)でその模様を見てもらう[[イベント]]のことである。初期の頃は'''クローズドサーキット'''とも呼ばれていた。
 
その代表例としては大物[[音楽家|ミュージシャン]]のコンサート、あるいは[[サッカー日本代表]]のアウェーゲームの試合などが挙げられる。
 
[[2002 FIFAワールドカップ]][[日本|日]][[大韓民国|韓]]大会の時に、これを応用し[[日本]]各地のスタジアムで試合の模様をピッチに設えた立体映像装置であたかもその[[スタジアム]]にフィールドプレーヤーがいるように見せる「バーチャルスタジアム」構想が計画されたが予算と技術的な関係で取り止めとなったことがあった。
 
==記録==
[[2020年]]現在、日本国内においてライブビューイングが上映された会場が最多の記録を持つグループは、[[μ's]]である。2016年3月31日及び4月1日に開催された[[東京ドーム]]公演の、全国221箇所・507スクリーン(3/31、4/1、4/2の振替上映の合計)という記録的な数字は、当時最多を誇っていた[[ARASHI|嵐]]の209箇所(スクリーン数は不明)を上回っている。しかし、嵐が2020年のファイナル公演を全国の328箇所・520スクリーンで上映することを公表していたが、[[新型コロナウィルス]]の影響で中止、オンライン配信になったため、μ'sの最多記録が継続することとなった。