「小倉藩」の版間の差分

'''小倉藩'''(こくらはん)は、[[江戸時代]]の[[豊前国]]にあった[[藩]]。藩庁は[[小倉城]]([[福岡県]][[北九州市]][[小倉北区]])に置かれた。[[幕末]]から[[明治維新]]にかけては'''香春藩'''(かわらはん)、のち'''豊津藩'''(とよつはん)となった。
 
== 史 ==
=== 前史 ===
[[天正]]15年(1587年)、[[豊臣秀吉]]の家臣だった[[毛利勝信|森勝信]]が豊前小倉6万石(一説に10万石)を与えられ、小倉城に入城。なお、子の[[毛利勝永|勝永]]にも[[豊前国]]に1万石(4万石とも)を与えられ、この際に秀吉の計らいによって元の姓である森から、中国地方の太守・[[毛利氏]]の姓を名乗らせている。毛利勝信・勝永父子は[[関ヶ原の戦い]]で西軍に付き[[改易]]となった。
 
=== 細川氏時代 ===
[[慶長]]5年(1600年)関ヶ原の戦いで[[細川忠興]]は東軍に属して戦い、居城である[[丹後国]][[田辺城 (丹後国)|田辺城]]は父[[細川幽斎]]が勅命により講和するまで西軍に頑強に抵抗した([[田辺城の戦い]])。その功により戦後細川氏は丹後田辺・豊後杵築合わせて18万石から、豊前一国と[[豊後国]][[国東郡]]・[[速見郡]]都合39万9千石に大幅加増され、小倉藩を立藩した。当初は[[中津城]]に入城したが、すぐに毛利氏の旧小倉城の跡地に[[大名|大大名]]の居城として相応しい規模の城郭と城下町の建設を開始し、慶長7年(1602年)小倉城に藩庁を移した。[[宮本武蔵]]と[[佐々木小次郎]]との決闘が当時は小倉藩領だった[[巌流島]]<!--(現在は山口県下関市域)-->で行われたのはこの細川氏の時代である。2代[[細川忠利|忠利]]は[[寛永]]9年(1632年)[[加藤忠広]]の改易に伴い、さらに加増され[[熊本藩]]54万石に移封された。
 
=== 小笠原氏時代 ===
同年、[[播磨国]][[明石藩]]より[[小笠原忠真]]<ref>忠真は細川忠利の正室[[保寿院|千代姫]]の実兄であり、細川氏移封時の引き継ぎも配慮されたと推測されている([[山本博文]]『江戸城の宮廷政治』講談社学術文庫 P191)</ref>が入部し、小倉城主として豊前北部15万石を領した。なおその際、支城の豊前中津城には忠真の甥[[小笠原長次|長次]]が8万石で入部し[[中津藩]]が、同じく豊後[[杵築城]]には忠真の弟[[小笠原忠知|忠知]]が4万石で入部し[[杵築藩]]が成立した。
 
忠真の母は[[松平信康]]の娘で[[徳川家康]]の外曾孫にあたることから、以後小倉[[小笠原氏]]は西国[[譜代大名]]の筆頭として九州の玄関口を抑える、いわば「九州探題」の役割を果たし[[外様大名]]の監視にあたったが、これが幕末における小倉城落城の遠因ともなった。宮本武蔵の嗣子[[宮本伊織]]は、父ともに出陣した[[島原の乱]]の軍功などにより知行4000石の小倉藩筆頭[[家老]]となり忠真を支え、以後宮本家は代々その地位を世襲した。2代[[小笠原忠雄|忠雄]]は[[寛文]]7年(1667年)藩主相続の際、弟の[[小笠原真方|真方]]に[[小倉新田藩]](千束藩)1万石を[[内分分知]]した。
2代[[小笠原忠雄|忠雄]]は[[寛文]]7年(1667年)藩主相続の際、弟の[[小笠原真方|真方]]に[[小倉藩#支藩|小倉新田藩(千束藩)]]1万石を[[内分分知]]した。
 
[[享保]]15年(1730年)には、3代[[小笠原忠基|忠基]]の次男[[小笠原長逵|長逵]]が、継嗣のいなかった播州[[安志藩]]初代藩主[[小笠原長興]]の養子となってこれを相続、以後小倉藩・小倉新田藩・安志藩の小笠原三家は継嗣の養子縁組などにより姻戚関係を深め、小倉新田藩のみならず本来小笠原氏の嫡流だった安志藩までもが小倉藩の分家筋のように位置付けられていくこととなった。
[[文久]]3年(1863年)には、海防強化のため[[関門海峡]]沿岸に葛葉台場・東浜台場・西浜台場などの[[砲台]]を建設し、補助兵力として農兵の募集・訓練も開始した。この年には対岸の[[長州藩]]が関門海峡を通行する外国船に砲撃を行い、[[下関戦争]]につながってゆくが、幕府は敵対行動を取っていない外国船への一方的な先制攻撃を指示しておらず、小倉藩は配備は敷いたものの戦闘行動は行っていない。この頃長州藩との間では、関門海峡に面する小倉藩領の田野浦などに長州藩が一方的に兵を入れて占拠し砲台を建設しようとするなど、紛争が続いたが、小倉藩は幕府とも協議の上、長州藩との武力衝突を回避し交渉による解決に努めた。長州藩との関係は、[[八月十八日の政変]]以降長州藩の勢力が弱まり、占拠されていた地区は返還され、一旦小康状態となる。小倉藩はその後も防備強化に努め、慶応元年(1865年)には[[蒸気船]]・[[飛龍丸]]を購入している。
 
=== 小倉落城 ===
[[長州征討]]では、小倉藩は征討軍の九州側最先鋒として第一次、第二次ともに参加した。元治元年(1864年)の第一次長州征討では長州藩が江戸幕府に対する恭順を示し、戦闘は発生しなかったが、翌慶応元年(1865年)の第二次長州征討(四境戦争)では、小倉藩は征長総督の老中[[小笠原長行]]<ref>同じ小笠原氏だが、忠真の兄[[小笠原忠脩|忠脩]]の子孫で[[唐津藩]]藩主・[[老中]]。</ref>の指揮下で小倉口の先鋒として参戦した。この戦闘は幕府・小倉藩に不利に展開し、長州軍の領内侵攻により[[門司区|門司]]が制圧されると、小笠原総督は事態を収拾することなく戦線を離脱し、他の九州諸藩も軒並み撤兵に転じた。孤立した小倉藩は慶応2年(1866年)8月1日小倉城に火を放ち<!--(小倉城自焼は一説に熊本藩の竹崎律次郎の勧めとも言われる)--><!--混乱回避-->、[[田川郡]]香春(現[[香春町]])に撤退した。その後も、家老[[島村志津摩]]を中心に軍を再編して[[企救郡]]南部の[[金辺峠]]及び狸山に防衛拠点を築き、高津尾を前線基地として長州軍に遊撃戦を挑み、一時は小倉城を奪還するに至った。しかし、同年10月には他戦線での停戦成立に伴って長州側の兵力が増強されると、次第に圧迫されるようになり、多くの防衛拠点が失われるに及んで、停戦交渉が開始された。交渉は困難を伴い、講和締結は翌慶応3年(1867年)1月20日となった。この講和条件の一つとして、企救郡については、長州征討の根拠の一つであった長州藩主父子の罪が解かれるまでの間、長州藩が「預り」として引き続き占領下に置くこととされたため、小倉藩は企救郡を回復することができなかった。その上、実際には長州藩主父子が朝敵の罪を赦免され、再び官位を得た後も企救郡は小倉藩に返還されず長州藩支配下に置かれ続け、[[明治]]2年(1869年)に至って[[日田県]]の管轄に移されることとなる。