「兒説」の版間の差分

編集の要約なし
(加筆修正、出典追加、一部コメントアウト)
|ラテン字= ni shuo
}}
'''兒 説'''(げい えつ<ref name=":0">[[金谷治]]訳注 『韓非子』第3冊、[[岩波文庫]]、1994年、27頁。</ref>、生没年不詳)は、[[中国]][[戦国時代 (中国)|戦国時代]]の思想家。姓は'''兒'''(倪、貎、げい)、[[字]]は''''''または(えつ)。'''兒辯'''(げいべん)、[[字]]は'''兒辨'''(えつ)などとも呼ばれる。[[宋 (春秋)|宋]]の出身だが[[田斉|斉]]に行き、[[稷下の学士]]の一人となった。[[名家 (諸子百家)|名家]]の学説「[[白馬非馬]]」を説いた。『[[韓非子]]』外儲説左上、『[[戦国策]]』斉策に登場する。
 
== 概要 ==
当時、関所では馬に通行税をかけていた。兒説は白馬に乗っていけば通行税を取られない、と思って白馬に乗っていったが、役人が税を取ろうとした。そこで、兒説は[[白馬非馬]]説を唱えたが、役人の方が引かずに、結局通行税を取られてしまった、という話が『[[韓非子]]』に伝えられている。
 
『[[戦国策]]』では[[田嬰]](|斉の靖郭君]](田嬰)の[[食客]]として登場し、[[宣王 (斉)|斉宣王]]と対話する。<!-- コメントアウト(同名の別人。執筆時の出典は以下)[http://www.kokin.rr-livelife.net/classic/classic_oriental/classic_oriental_63.html 巧言令色、鮮なし仁(論語 - 学而[3<nowiki>]</nowiki>)]
兒説は、
 
 
という言葉から来たものであるらしい。 -->
 
== 参考文献 ==
*[[陳舜臣]] 『中国の歴史2⃣ 大統一時代 漢王朝の光と影』平凡社、1986年