「ヴァルダナ朝」の版間の差分

出典付加、加筆
(出典追加、出典付加、加筆)
(出典付加、加筆)
'''ヴァルダナ朝'''(Vardhana)または'''プシュヤブーティ朝'''(Pusyabhuti)は、[[7世紀]]前半、[[ハルシャ・ヴァルダナ]]が創始した[[古代]][[北インド]]最後の統一王朝。
 
[[首都]]は当初は現在の{{仮リンク|テインザー|en|Thanesar}}(''Thanesar''、古代名は''Sthanvishvara''、[[ハリヤーナー州]])に置かれていたが、最終的にはガンジス川の上流のカーニャクブジャ(''Kanyakubja''、現在の[[カナウジ]](''Kanauj'')、[[ウッタル・プラデーシュ州]])に置かれた<ref name="kotobank">{{コトバンク|ヴァルダナ朝}}</ref>{{refnest|group="注釈"|カナウジの古名カーニャ・クブジャは「[[せむし]]の娘たちの町」という意味であり、ある[[リシ]](仙人)が昔、邪推によって立腹し、王の友人の娘を呪詛して、[[超能力]]によってせむし([[くる病]])にしてしまったという伝説に因んでいる<ref name="tsukamoto158">[[#塚本|塚本(1974)pp.158-160]]</ref>。633年に王都を訪れた玄奘は、この地を「曲女城」と訳した<ref name="tsukamoto158" />。}}。
 
== 概要 ==
 
=== 前史 ===
[[4世紀]]前半に起こって同世紀末から[[5世紀]]前葉にかけて全盛期をむかえた[[グプタ朝]]であったが、5世紀中葉以降「白い[[フン族]]」と呼ばれた遊牧民[[エフタル]]([[インド・エフタル]])の勢力{{refnest|group="注釈"|「白いフン族」は中国では「白匈奴」の名で記録された。[[イラン人|イラン系]]説が有力だが、[[トルコ人|テュルク系]]説もある。}}の度重なる侵略を受けた<ref name="tsukamoto156">[[#塚本|塚本(1974)pp.156-158]]</ref>。グプタ朝第5代の王{{仮リンク|スカンダグプタ|en|Skandagupta}}(位455年 - 467年)は、この侵入軍を一度は撃退したが、その後も侵略は波状的に継続した<ref name="tsukamoto156" />。6世紀に入ると「白いフン族」の部隊長{{仮リンク|ミヒラクラ|en|Mihirakula}}の暴虐が知られるようになった<ref name="tsukamoto156" />。ミヒラクラは権勢を振るった6世紀前半、大規模な[[仏教]]弾圧を行った<ref name="tsukamoto156" />{{refnest|group="注釈"|カシミール王室の年代記『ラージャ・タランギニー』によれば、ミヒラクラはまた、大絶壁から谷底に向け象を落としこむことを殊の外好んだと記している<ref name="tsukamoto156" />。}}。6世紀中ごろ、疲弊したグプタ朝が滅亡すると、[[北インド]]は分裂状態に陥った<ref name="tsukamoto156" />。
 
=== 建国 ===
{{Seealso|玄奘三蔵|大唐西域記}}
グプタ文化の秩序を回復したのは、勇敢な武将であった[[ハルシャ・ヴァルダナ]](戒日王)であった<ref name="tsukamoto156" />。ハルシャは、[[606年]]頃に即位し、{{仮リンク|マウカリ朝|en|Maukhari}}等を併合して混乱のうちにあった[[北インド]]の大部分を統一し、[[ヴィンディヤ山脈]] ''Vindhyas'' の北側一帯を支配した<ref name="tsukamoto156" />。
 
文武両面に秀でた名君のひとり<ref name="life">[[#シュルバーグ|シュルバーグ(1973)]]</ref>であったハルシャ王は[[仏教]]に帰依し、また、[[ヒンドゥー教]]など諸宗教を保護した<ref name="tsukamoto158" />。ハルシャ治世期は、国内は平和で栄え、インド文芸史においても重要な時期にあたっている<ref name="kotobank" /><ref name="karashima244">[[#辛島|辛島(1991)p.244]]</ref>。唐とグプタ朝時代使節勃興したヒンドゥー国家主義交換も思想は、むしろハルシャ王によって回復された秩序だった平和のなかにおいてこそ充実していったのであった<ref name="kotobanktsukamoto158" />。
 
唐の[[玄奘]]は、[[貞観 (唐)|貞観]]3年([[629年]])から貞観19年([[645年]])にかけてヴァルダナ朝を訪れ、『[[大唐西域記]]』において、ハルシャ王の政治の有徳さや国家の政教和平、首都カナウジの繁栄ぶり、また、当時のインドの人びとの正直で誇り高い姿を絶賛している<ref name="tsukamoto158" />。
 
中国の[[唐]]王朝との間には外交使節の交換もあった<ref name="kotobank" />。ハルシャ王の派遣した修好使節は、[[641年]]に唐の[[太宗 (唐)|太宗 ]](李世民)の朝廷を訪問し、2年後には唐からの答礼使、[[王玄策]]がハルシャ王のもとに到着した<ref name="tsukamoto158" />。
 
=== 分裂期 ===
[[647年]]頃、ハルシャ王が後継者を残さずに没すると、{{仮リンク|アラナシュ|zh|阿羅那順}}(阿羅那順)が王位を簒奪した<ref name="tsukamoto158" />。この混乱で唐の使節[[王玄策]]がアラナシュに捕らえられると、[[吐蕃]]の[[ソンツェン・ガンポ]]と[[リッチャヴィ王朝]](泥婆羅)の[[ナレーンドラ・デーヴァ]]が、チベット兵・ネパール兵合わせて8,000人の兵でインドに侵攻し、王玄策を救出した<ref name="tsukamoto158" />。
 
アラナシュが捕虜として唐に連行されると、王国は再び急速に分裂していった<ref name="kotobank" /><ref name="tsukamoto158" />。新たな分裂の時代は「しのぎをけずりあう諸王朝と、混じり合う諸民族をはっきりとは区別できない」時代<ref name=life/>というべき様相を呈した<ref name="karashima244" />。[[インド亜大陸]]は、北端の[[カシミール地方]]の勢力、東部の[[ベンガル地方]]の[[パーラ朝]]、中南部[[デカン高原]]の[[ラーシュトラクータ朝]]、そして、侵略諸勢力が北西部の山道よりインドに殺到し、[[ヒンドスタン平原]]は再び群雄割拠の状態に陥ったのである。これを「り、西方は[[ラージプート|ラージプート族]]時代」と称しによる諸王朝が建いるられた<ref name="karashima244" />。この時期を「ラージプート時代」と称している
 
== 脚注 ==