「ビザンチン将軍問題」の版間の差分

m
 
UpRight<ref>[http://code.google.com/p/upright/ UpRight]. Google Code repository for the UpRight replication library.</ref> は、そういった研究成果を取り入れて開発された[[オープンソース]]のサービス構築用ライブラリである。"up" は故障や障害が発生しても動き続けること、"right" は正しい動作を続けることを意味する。
 
BFT の応用例として[[ビットコイン]]がある。[[Peer to Peer]] の[[電子マネー]]システムであり、一連の[[:en:Hashcash|Hashcash]]風の[[:en:Proof-of-work system|proof-of-work]]を並列的に生成する。この一連の proof-of-work はビザンチン将軍問題を解く鍵である<ref>{{Cite web| url= http://www.weusecoins.com/ | title=What Is Bitcoin? | accessdate=2011-07-03}}</ref><ref>[[野口悠紀雄]]{{Cite web| url=http://diamond.jp/articles/-/49033?page=9 | title=『「ビットコイン」を正しく理解する』(ダイヤモンドオンライン、2014年2月20日)【第1回】第4章 社会はいかにして構築しうるか?:「ビザンチン将軍問題」に解を与えた | accessdate=2014-02-20}}</ref>。
 
== 脚注 ==
29,193

回編集