「比較発生学」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
生物学において、異なった分類群間の比較は、きわめて基本的なものであるから、あらゆる場面で比較は行われる。発生学においても当然このような状況はある。しかし、特に'''比較発生学'''(comparative embryology)といえば、19世紀初頭から末までの発生学の流れを指すことが多い。発生学は、この時期に[[前成説]]・[[後成説]]の論争にいったんけりをつけ、[[細胞説]]の成立にも後押しされて詳細の観察と分析が可能となった。このことから意味のある比較が可能となり、それがこの発展を支えた。また、この前の世紀に[[比較解剖学]]が大きく発展し、それらを基盤に19世紀には進化論が成立し、それによって[[動物の系統]]分類学は大きく進展したことから、一面ではこれを受けて、それぞれの器官の発達過程に目を向けたために発展した分野でもある。
 
比較発生学は[[カール・フォン・ベール]]によって主張され、[[胚葉|胚葉説]]や[[フォン・ベールの法則]]を生み出した。また比較解剖学と結びついて比較形態学とも呼ばれた。それらは進化論を支持する土台となり、さらにそれを土台にしてベールの法則を見直したのがヘッケルである。
 
19世紀末に生まれた[[実験発生学]]は比較発生学に対する批判として生まれ、これが発生学独自の課題を見いだす方向に進んだことで、比較発生学は発生生物学の主流の位置から離れた。しかし、現在もこの名は使われ、発生と系統関係を論じる際には重要な分野である。
 
=== 胚葉説 ===
[[胚葉|胚葉説]]は、発生の初期に、まず大まかな細胞層に区分されるとするもので、まず[[クリスティアン・パンダー (動物学者)|クリスティアン・パンダー]](Christian Heinrich Pander 1794-1865)がニワトリの胚発生の研究からこれを想定した。ベールはこれを発展させ、発生の初期に胚にいくつかの細胞層が生じ、そこから各器官が作られること、また、分類群が異なっていても、胚葉の区分のされ方およびそれぞれの胚葉からどんな器官が出来るかは一定であるとした。彼はこれを脊椎動物の各綱について認めたが、ただし彼は胚葉の区分を現在の外・中・内の三つではなく、四つに区分していた。その後ラトケ(Martin Heinrich Rathke 1793-1860)はこれを[[無脊椎動物]]の各群にまで広げた。その後に細胞説の確立を受け、[[ローベルト・レーマク]](Robert Remak 1815-1865)はこれらを[[組織学]]的に見直して、改めて三胚葉の区分を行った。
 
== ベールの法則 ==
上記のように発生過程の研究からは器官の相同性に関わる重要な示唆が与えられた。成体に見られる器官がその群によって異なった形をしている場合も、発生の初期には似通った形であることは、相同性を認める重要な裏付けとなった。しかし、発生の早い段階には成体には存在しない器官が姿を見せることもある。すでにウォルフはほ乳類において前腎を発見していた。さらにラトケは1825年に鳥類とほ乳類において[[鰓裂]]と[[鰓弓]]を発見した。このように、より下等な動物の構造がより高等な動物の発生初期に見られる、という例が集まってきた。
 
このことに気がついた人は多く、このラトケの発見以前に[[ヨハン・フリードリヒ・メッケル|メッケル]](Johann Friedrich Meckel 1761-1833)が「人間の発生段階はその始まりから完成に達するまで、諸動物の系列の各形態に相当する」と述べている。彼の説をより広く適合するように、修正、総合してまとめたのがベールの法則である。これは以下のように述べられている。
#動物のより一般的な特徴は、より特殊化した特徴よりも発生の初期に現れる。
#高等動物の発生のある時期の形は、より下等な動物の成体ではなく、その胚のある時期の形に似ている。
60

回編集