「Minecraft」の版間の差分

編集の要約なし
ファーランド(Far Lands)またはワールドの端とは、ワールドの端へと進み続けると現れる異常な地形である。ドロップしたアイテムは不自然な方向に流れ、PCが高負荷になるなど複数の[[バグ]]が存在する<ref>{{Cite web |url=http://www.inside-games.jp/article/2015/09/04/90893.html |title=『マインクラフト』に存在する伝説の地「ファーランド」を目指し、4年以上歩き続けているギネスプレイヤーKurt J.Macの旅とは |accessdate=2015-09-08 |date=2015-09-04 |publisher=インサイド}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://notch.tumblr.com/post/3746989361/terrain-generation-part-1 |title=Terrain generation, Part 1 |accessdate=2019-04-20 |author=Markus Alexej Persson |date=2011-03-09 |language=en}}</ref>{{R|only-Java|group=注}}。
 
この現象は後に、見えない壁を作るという形で修正された。Java版以外のコンソールには存在しない。2015年1月に「『Minecraft』における最も長い旅」として[[ギネス世界記録]]に登録された者も現れている。
 
== ディメンション ==
「ディメンション」という区分で通常の世界とは別の世界が生成される。
 
=== オーバーワールド<!-- [[WP:NOTGUIDE]]: ウィキペディアは攻略本ではありません -->===
草原や山岳など様々なバイオームや、村などの建造物が生成される。
 
=== ネザー ===
<!-- [[WP:NOTGUIDE]]: ウィキペディアは攻略本ではありません -->
Minecraftには3つの「ディメンション」が存在する。
ネザー {{refnest|統合版では{{R|be|group=注}}「暗黒界」と表記される。|group=注}} (The Nether) は溶岩とネザーラック等で構成されている世界。黒曜石を特定の形に配置して作るネザーポータルを通ることで、通常世界と相互に往来することができる。ネザーでのみ生成されるMobや構造物が存在する。また一部のアイテムはこのディメンションでは使用できない。
 
; オーバーワールド
=== ジ・エンド ===
: はじめにプレイヤーがスポーンするディメンション。草原や山岳など様々なバイオームや、村などの建造物が生成される。
===; ネザー ===
<!-- [[WP:NOTGUIDE]]: ウィキペディアは攻略本ではありません -->
ジ・エンド: ネザー {{refnest|統合版で浮遊す{{R|be|group=注}}「暗黒界」と表記され島々。|group=注}} (The Nether) は溶岩とネザーラック等で構成されている世界。ボス黒曜石を特定エンダ形に配置して作られるポドラゴンタル倒す通るこエンディングが流れ、その後、オーバーワールドのリスポーン地点と相互復活往来ることができる。ネザー同様、ジ・エンドでのみ生成されるMobや構造物やアイテム、Mob存在する。また一部のアイテムはこのディメンションでは使用できない。
===; ジ・エンド ===
 
=== オーバーワールド<!-- [[WP:NOTGUIDE]]: ウィキペディアは攻略本ではありません -->===
== ボス ==
: ジ・エンドは浮遊する島々で構成された世界。ネザー同様、ジ・エンドでのみ生成される構造物やアイテム、Mobがある。また一部のアイテムは使用できない。
 
=== エンダードラゴン ===
このゲームにはジ・エンドに1回のみ自動生成されるエンダードラゴンの呼ばれるボスがいる。空を飛んで攻撃してくる。一度倒したあとは、エンドクリスタルというブロックを特定の形に配置して自ら出現させる必要がある。
 
=== ウィザー ===
ネザーにいるウィザーガイコツというモンスターを倒し、確率でドロップするウィザーガイコツの頭を3つとネザーにあるソウルサンドと呼ばれる上に乗ると足が遅くなるブロックを4個集めて特定の形に配置して自ら出現させる必要がある。こちらも空を飛んで攻撃してくる。
 
== 特殊効果 ==
 
=== エンチャント ===
ラピスラズリと経験値を消費し、エンチャントテーブルで武器や本、防具等にエンチャントと呼ばれる特殊効果を付加することができる。ただし、一部のエンチャントは、エンチャントテーブルによって付与できない。金床とエンチャントの本によって特殊効果を付加する方法も存在する。ただし、一部のエンチャントは同時につけることができない。エンチャントの本は生成される建物に配置されたチェストに入っていることがある。コマンドを使用することにより、強制的に特殊効果を入手、付与することができる{{R|group=注|only-Java}}。付加される効果には様々なものがあり、中には特定の道具にのみ付与できる効果もある。
=== ポーション ===
<!-- [[WP:NOTGUIDE]]: ウィキペディアは攻略本ではありません -->
[[ポーション]]は瓶に入った液体の見た目をしたアイテム。「醸造台」と呼ばれるブロックを用いて作成できる。持ってから飲む、投擲することで使うこと可能あり、きる。効果はプレイヤーやモブに状態異常を与える物や、ダメージを与える、体力を回復するものもあなど多岐に渡る。投擲した場合、所から一定の範囲に効果がとどまり続ける残留のポーション種類存在する。一部のポーションは、醸造台では入手できない。一定の機種のみ、コマンドでカスタマイズ可能
 
== ミニゲーム ==
一部のプラットフォームではミニゲームが実装されている。
家庭用ゲーム機版にはミニゲームが実装されている。ミニゲームには下記のモードがある。Nintendo SwitchやPlayStation 4の現在統合版となっているゲームでは使えない。しかしNintendo Switchでは統合版とSwitch Editionで2つのMinecraftを持っている人は使える。
 
; バトルミニゲーム
: ゴールまでのタイムを競うモード。
 
== マルチプレイ ==
複数のプレイヤーで遊ぶマルチプレイ機能が実装されている。シングルプレイで使っていたワールドを[[ローカルエリアネットワーク]]に公開するか、公式ページで配布されているサーバーソフトウェアを用いることで、複数のプレイヤーと遊ぶ事が出来る。また、有志によって改良されたソフトウェアも存在し、中にはプラグインを用いて高度な制御や独自の機能を作成することができるソフトウェアも存在する。JAVAJava版のサーバーで最も規模が大きいのは[[Hypixel]]であり、[[Hypixel]]は複数のギネス記録を保持している。
 
; Minecraft Realms
'''Minecraft Realms'''(マインクラフト レルム)または'''Realms'''は、Mojang社が運用する有料のマルチプレイサーバー。Java版Realms<ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/realms-for-java/ |title=Java 用の Realms |accessdate=2020-04-22 |publisher=Mojang |language=ja}}</ref>と統合版のRealms Plus<ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/realms-plus |title=Realms Plus |accessdate=2020-04-22 |publisher=Mojang |language=ja}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/article/realmsplus-jp |title=REALMS PLUS が登場! |accessdate=2020-04-22 |date=2019-12-06 |publisher=Mojang |language=ja}}</ref>の2種あり、それぞれ料金プランがある。[[ホワイトリスト]]制で10人まで招待できる。招待された側は所有者に承認されると無料でサーバーに参加できる。Mojangが予めサーバーを構築しているため、簡単かつ手軽に運用ができる。Realmsでのマルチプレイには[[Microsoftアカウント]]([[Xbox Live]]アカウント)が必要。
 
== 関連作品 ==
=== Minecraft: Education Edition ===
Minecraft: Education Editionは、20152016に発表11月1日から提供が開始されたMinecraftから派生し、教育用途に特化したソフトウェア<ref name=":2">{{Cite web |url=http://gigazine.net/news/20150701-microsoft-minecraft-education/ |title=Microsoftが教育現場用のマインクラフト「Minecraft in education」を発表 |accessdate=2015-07-22 |date=2015-7-1 |publisher=[[GIGAZINE]]}}</ref>
 
2015年7月、Microsoftが教育用途に特化したMinecraft、『Minecraft in education』を発表した<ref name=":2">{{Cite web |url=http://gigazine.net/news/20150701-microsoft-minecraft-education/ |title=Microsoftが教育現場用のマインクラフト「Minecraft in education」を発表 |accessdate=2015-07-22 |date=2015-7-1 |publisher=[[GIGAZINE]]}}</ref>。
2016年1月、Mojangは『Minecraft: Education Edition』を発表し、2016年11月1日に提供を開始した<ref>{{Cite web |url=http://www.gamespark.jp/article/2016/01/20/63168.html |title=学校教育用マイクラ『Minecraft: Education Edition』発表―今夏発売へ |accessdate=2016-02-18 |date=2016-1-20 |publisher=GameSpark}}</ref>。提供開始当初はWindowsおよびMacOSのみの対応であったが、2018年9月からiPadでも利用できるようになった<ref>{{Cite web |url=http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/21/news056.html |title=「マインクラフト」教育版、iPadで利用可能に |accessdate=2018-10-09 |author=佐藤由紀子 |date=2018-08-21 |publisher=ITmedia}}</ref>。2020年8月には[[Chromebook]]版の提供を開始した<ref name=":0">{{Cite web|url=https://japan.cnet.com/article/35158107/|title=マイクロソフト、教育用「Minecraft」がChromebookで使用可能に|accessdate=2020/11/1|publisher=CNET Japan}}</ref>。
 
 
=== Minecraft: Story Mode ===
{{仮リンク|Telltale Games|en|Telltale Games}}が開発を担当する、Minecraft本編とは別のアドベンチャーゲーム<ref>{{Cite web |url=https://telltale.com/series/minecraft-story-mode/ |title=Minecraft: Story Mode |accessdate=2019-06-16 |publisher=Telltale |language=en}}</ref>。<br>ストーリーが基本であり、ブロックを自由に配置したりする要素はない。シーズン1、2があり、一部日本語に対応した物もある。[[Netflix]]では映像として配信され、日本語吹き替え、多言語字幕がある<ref>{{Cite web |url=https://www.netflix.com/title/80227995 |title=マインクラフト ストーリーモード |accessdate=2019-06-18 |publisher=Netflix}}</ref><ref>{{Cite news |title=『マインクラフト ストーリーモード』が海外Netflixに今秋登場、「ストレンジャー・シングス」のビデオゲーム化も予告 |newspaper=Game*Spark |date=2018-06-14 |url=https://www.gamespark.jp/article/2018/06/14/81620.html |accessdate=2019-06-15 |和書}}</ref>。他と同様に選択肢が表示されるインタラクティブ作品であるため対応するデバイスが必要となる。
 
開発元のスタジオが閉鎖したため、{{End date|2019|6|25}}に配信・サポートが終了した。終了前に購入済みのエピソードをダウンロードするようアナウンスされた<ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/article/mportant-minecraft--story-mode-information-jp |title=『マインクラフト: ストーリーモード』に関する重要なお知らせ |accessdate=2019-06-18 |publisher=Mojang}}</ref>。なおNetflixでは終了日以降も映像配信を継続している。
 
=== Minecraft Classic ===
Minecraftの正式リリース以前のMinecraft[[ソフトウェア開発工程|開発行程]]にはいくつか区切りがあり、った。Classicはそのうちの一つで、Indev<ref group="注">In Development(イン デベロップメント)の略</ref>より古い行程となる。Indevより古いバージョンの名前を「Minecraft Classic」とした<ref>{{Cite web |url=https://notch.tumblr.com/post/746938105/the-server-is-back-up |title=The server is back up! |accessdate=2020-01-22 |date=2010-06-28 |website=The Word of Notch |publisher=Tumblr |language=en}}</ref>。2009年当時のMinecraft Classicは[[ウェブブラウザ]]上の[[Javaアプレット]]でも動作していたが、ウェブサイトのリニューアルに伴い消失した<ref>{{Cite web |url=https://forums.tigsource.com/index.php?topic=6273 |title=Minecraft (alpha) |accessdate=2020-01-23 |website=TIGSource Forums |publisher=TIGSource |language=en}}</ref><ref>{{Wayback|url=http://www.mojang.com/notch/minecraft/|date=20090520141329|title=Minecraft (alpha)}}</ref>。
 
2019年、Minecraftが10周年を迎える際に<ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/10th-anniversary |title=10周年 |accessdate=2020-01-23 |date=2019-07-22 |website=minecraft |publisher=Mojang |language=ja}}</ref>、Minecraft Classicの[[リメイク]]したものをリリースした。最大3人までのマルチプレイで、32種のブロックとバグは当時のまま再現されている<ref>{{Cite web |url=https://classic.minecraft.net/ |title=Minecraft Classic |accessdate=2020-01-23 |work=Minecraft Classic |publisher=Mojang |language=en}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.minecraft.net/ja-jp/article/_minecraft-classic |title=『MINECRAFT CLASSIC』で過去を振り返ろう! |accessdate=2020-01-23 |date=2019-05-17 |website=minecraft |publisher=Mojang |language=ja}}</ref>。
'''大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL'''
 
2020年10月14日、Nintendo Switch用ソフト「[[大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL]]」に、ファイターとして「スティーブ/アレックス」がDLC配信された<ref name="smash">{{Cite web|url=https://www.4gamer.net/games/412/G041234/20201014134/|title=大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」にMinecraftのスティーブとアレックスが本日参戦。記念大会が10月24日に開催決定|accessdate=2020/11/1|publisher=4Gamer.net}}</ref>。
 
== 関連項目 ==
* [[よゐこの○○で○○生活|よゐこのマイクラでサバイバル生活]] - お笑いコンビの[[よゐこ]]がMinecraftをプレイする[[インターネットテレビ|ウェブテレビ番組]]。YouTubeで公開。
*[[Minecraft Dungeons]] - 本作のスピンオフ
*[[大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL]] - 2020年10月に、Minecraftに登場するキャラクターの一部が登場することが発表された{{R|smash}}
 
== 脚注 ==