「アメリカ合衆国の警察」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
=== 特別な法執行機関 ===
政府やそれに準ずる公的機関に限らず、民間企業でも特定の施設のため、あるいは特別な目的を持って法執行機関を設置している場合がある。組織によっては管轄が州内全域・複数の州に渡ることもあり、あるいは管轄内では'''民間の[[警備員]]ではなく、れっきとした'''警察官'''で、逮捕した容疑者を[[送事局|検察に送る]]事が出来る。
 
==== 特定施設の法執行機関 ====
; [[メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ#MTA警察|ニューヨーク州都市交通公社警察]](MTA Police)
: 同社が設置した警察組織で、ニューヨーク州とコネチカット州にまたがって管理する交通機関の施設内を管轄、完全な警察権を有する。民間人も含めた従業員数は約760名。
; [[ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社]]警察([[:en:Port Authority of New York and New Jersey Police Department|PAPD]])
: 同社が設置した警察組織で、同社が管理するWTCの建物や埠頭、空港、鉄道、バス発着所、橋、トンネルなどを管轄する。約1,600人の警察官がおり、通常の警ら隊のほか、刑事部や特殊部隊も保有している。また、管轄する3空港([[ジョン・F・ケネディ国際空港|JFK]]、[[ラガーディア空港|LGA]]、[[ニューアーク国際空港|EWR]])では消防業務も担当するため、法執行官だけでなく、消防士や救命士の資格を持つ者も珍しくない。
; シーゲート警察([[:en:Sea Gate Police Department|SGPD]])
: [[ブルックリン区]]の[[ゲーテッドコミュニティ]]、シーゲート([[:en:Sea Gate, Brooklyn]])が設置した警察組織で、地域内を管轄する。ニューヨーク市警察とは競合管轄が被る
; [[バート (鉄道)|バート]]警察([[:en:BART Police|BART Police]])
: 同社が設置した警察組織で、BART1972年、同社開業と同時に1972年設立。200名ほどの警察官と90名ほどの一般職員を擁する。
 
そのほか、公園、病院、大学等の警備に、当該施設独自の警察を設置する場合がある。
==== 特定目的での法執行機関 ====
; [[アメリカ動物虐待防止協会]](ASPCA)
: かつて動物愛護法執行部門(Humane Law Enforcement Division)がかつてあり、ニューヨーク州ピースオフィサー資格を有する法執行官がニューヨーク州内で動物虐待に関して警察活動を行っていた。月に400-500件の捜査を行い、年間100件ほどの逮捕実績があった。2014年にニューヨーク市警と統合されている
; 消防保安官{{enlink|Fire marshal}}
: 消防官であるが、放火事件・可燃性物質に関する捜査権、および被疑者の逮捕権を有している{{Efn2|日本の[[消防吏員|消防官]]は、放火事件捜査・放火犯や被疑者逮捕を出来ないとは違い、火災原因を調査し、放火事件・可燃性物質に関する法律に対する事件では警察有する持っていない。}}。州公安省下などで独自のに属し「消防保安官事務所持つ設置する州もあれば、州警察の一部門として存在設置する州もある。また、地方自治政府の消防組織内に設置されている場合も珍しくない。
; 消防警察{{enlink|Fire police}}
: 警察権を持つ消防団員機関<!--日本の消防団とは全く違うのでリンクしていません-->からなる組織が14州にある。武装はせず、群衆・交通整理や警備活動、警察の補助などを行うが、出場した現場においては警察官に準ずる役割を担う。
 
また[[警備員|警備業者]]、[[探偵]]業者、[[バウンティハンター]](賞金稼ぎ)、[[保釈保証業者]]の中には、限られた範囲での法執行機関として認められている場合がある。
203

回編集