「スプライセオソーム」の版間の差分

m
リンクの追加
m (リンクの追加)
m (リンクの追加)
それぞれのスプライセオソームは、5つの[[核内低分子リボ核タンパク質]](snRNP)といくつかのタンパク質因子から構成されている。
 
スプライセオソームを構成するsnRNPは[[U1 snRNA|U1]]、[[U2 snRNA|U2]]、[[U4 snRNA|U4]][[U5 snRNA|U5]][[U6 snRNA|U6]]と名づけられ、RNA-RNA間相互作用やRNA-タンパク質間相互作用に関係している。snRNPのRNA部分は[[ウリジン]]に富んでいる。
 
mRNA前駆体はスプライセオソームに認識され、再配列を起こさせる特異的な配列を持っている。これは、5'末端スプライス部位、分岐点配列(BPS)、ポリ[[ピリミジン]]領域、3'末端スプライス部位からなっている。スプライセオソームはイントロンの除去を触媒し、[[エクソン]]同士を連結させる。